高血圧の改善に運動と塩分を控えることが重要な理由 | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/07/16

無視されがちな医師のアドバイス

健康診断などで血圧が高めと分っても、すぐに薬を飲めとは言われません。お医者さんにまず言われるのは、運動をしなさいとか塩分を控えめにしなさいということです。

しかし、そのアドバイスを守って生活習慣や食習慣を改める人は少数派です。その理由は、高血圧に辛い自覚症状がないこととか、めんどうだからということだけではなく、なぜそれが良いのかという理由を納得していないということもありそうです。

なぜ運動をするとよいのか、納得していますか?

ジョギングやウォーキングなどの軽い運動に血圧を下げる効果があると言われても、私たちにはピンときません。運動すると血圧が上がるというのならわかる気がするけど下るというのは何故だ、というわけです。

運動と血圧の関係がよく分らないのでそう思ってしまうのですが、そもそも私たちは血管を「血が通るパイプ」としか考えない傾向があります。臓器というほどのものでもないただの管、と思っているのです。

しかし実は血管は精密かつ重要な作用をしている臓器で、とくに血管内皮機能と言われる働きは最近の医学でますますその重要性が認識されるようになりました。血管内皮から分泌される一酸化窒素が血管の柔軟性を保つのに必須だということが分ったのです。

運動はこの血管内皮機能を高めて、血管を柔軟にすることで血圧を下げる効果があります。運動で心肺の働きを活性化して血液循環をうながすことが「血管の運動」にもなり、血管機能を高めるのです。

筋肉を動かすと静脈の血流が促進される

運動で筋肉を動かすこと、また運動を継続して筋肉を太くすることも血圧を下げる効果があります。筋肉の動きで静脈血の流れがスムーズになり、血行全体もスムーズになるので、心臓の負担が減り血圧も下がるのです。

脂肪が血管を圧迫するのを解消する

内臓脂肪や皮下脂肪がたまって身体がパンパンになると、脂肪が血管を圧迫します。その結果血液が通りにくくなり血圧が上がってしまいます。体重を1kg減らすと血圧が2mmHg下がると言われています。

この他に、運動によってストレスが解消され、脳内ホルモンのドーパミンが放出されることでも血圧が下がります。

高血圧の改善に運動と塩分を控えることが重要な理由

無視されがちな医師のアドバイス

健康診断などで血圧が高めと分っても、すぐに薬を飲めとは言われません。お医者さんにまず言われるのは、運動をしなさいとか塩分を控えめにしなさいということです。 しかし、そのアドバイスを守って生活習慣や食習慣を改める人は少数派です。その理由は、高血圧に辛い自覚症状がないこととか、めんどうだからということだけではなく、なぜそれが良いのかという理由を納得していないということもありそうです。

なぜ運動をするとよいのか、納得していますか?

ジョギングやウォーキングなどの軽い運動に血圧を下げる効果があると言われても、私たちにはピンときません。運動すると血圧が上がるというのならわかる気がするけど下るというのは何故だ、というわけです。 運動と血圧の関係がよく分らないのでそう思ってしまうのですが、そもそも私たちは血管を「血が通るパイプ」としか考えない傾向があります。臓器というほどのものでもないただの管、と思っているのです。 しかし実は血管は精密かつ重要な作用をしている臓器で、とくに血管内皮機能と言われる働きは最近の医学でますますその重要性が認識されるようになりました。血管内皮から分泌される一酸化窒素が血管の柔軟性を保つのに必須だということが分ったのです。 運動はこの血管内皮機能を高めて、血管を柔軟にすることで血圧を下げる効果があります。運動で心肺の働きを活性化して血液循環をうながすことが「血管の運動」にもなり、血管機能を高めるのです。

筋肉を動かすと静脈の血流が促進される

運動で筋肉を動かすこと、また運動を継続して筋肉を太くすることも血圧を下げる効果があります。筋肉の動きで静脈血の流れがスムーズになり、血行全体もスムーズになるので、心臓の負担が減り血圧も下がるのです。

脂肪が血管を圧迫するのを解消する

内臓脂肪や皮下脂肪がたまって身体がパンパンになると、脂肪が血管を圧迫します。その結果血液が通りにくくなり血圧が上がってしまいます。体重を1kg減らすと血圧が2mmHg下がると言われています。 この他に、運動によってストレスが解消され、脳内ホルモンのドーパミンが放出されることでも血圧が下がります。