20代、30代の男性に多いタイプのEDは? | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/01/11

中高年のEDは心因的な要因と器質的な要因が重なっている場合が多いのに反し、若い世代のEDはストレスなどの心因的な原因がほとんどです。ED専門外来の医師には、近年20~30代の若い年代のEDについての相談が増えていると感じでいる人が多いようです。

心因性EDとは、勃起のプロセスを精神的なストレス、不安、緊張などが邪魔して充分に勃起できない症状です。そのストレスや不安を本人が意識している場合もあるし、気が付いていない場合もあります。

症状として多いのは、挿入するに充分な硬さが得られない症状と、挿入できてもそれを維持できない、いわゆる「中折れ」の症状です。心因性EDでもっとも注意しなければいけないのは、予期不安による悪循環です。失敗の経験が次も上手くいかないのではという不安を生んで、その不安がさらに症状を悪化するケースが多いのです。

若いのだからそのうちに治ると思って放置すると、症状が悪化するだけでなくパートナーとの人間関係に亀裂を生じることがあるので、できるだけ早い段階での治療が望まれます。

若い世代に多いED のタイプには次のようなものがあります。

童貞ED

初めてのセックスで緊張して勃起不全を起こすのが「童貞ED」です。多くのケースは前戯の段階では勃起していたものが、挿入しようとして膣の入り口を探すうちに萎えてしまうというものです。

思春期にマスターベーションをしながら憧れて続けていた「膣への挿入」をいよいよ果たそうというときに緊張するのはやむをえません。慣れないと膣の入り口を探り当てるのが意外に難しいということもあるでしょう。とくに「オレはもうとっくに童貞は捨てている」などと見栄を張っている場合は、まごまごすると未経験がバレてしまうと思うと余計に緊張します。

しかし、多くの場合はその晩のうちになんとかなるものです。顔を見合わせての正常位では2~3度突入に失敗しても、バックから攻めてみたとたんにオスの本能と自信がよみがえって見事成功(性交?) したというような例もあります。

そういう意味では、男性の場合は初めてのセックスは、多少優越感の持てる、あるいは気持ちに余裕がもてる相手がいいとも言えます。昔の若者が筆おろしと称して先輩に連れられて遊郭(古い表現ですが)に行ったのは童貞EDの予防だったのかもしれません。

初めてなのだから、とびきりの美人となどと考えるのは危険です。というのは、その日のうちに何とかなればよいのですが、結局そのときはダメで次回に持ち越しとなると、トラウマが尾を引き、予期不安が大きくなって、また失敗という最悪の事態になる可能性があるからです。

新婚ED

結婚年齢が上昇するとともに、20代、30代の独身男性の性行為の未経験者の割合も大きくなっています。30歳過ぎてからの結婚で男性に性経験がない場合は、初めて性行為に臨む男性の緊張はかなり強いものがあると思われます。

そういう状況でたまたま「合体」に失敗すると、次の機会での予期不安は大きく、緊張はさらに高まります。こういう悪循環で花嫁にも大きな不安を与えてしまうのが新婚EDです。放置すると最悪の場合は離婚にいたるケースもあります。

このようなケースではバイアグラ、シアリス、レビトラなどのED治療薬が多くの場合、顕著な効果を発揮します。大切なことは、セックスの成功例を作ることで、不慣れが原因で勃起が維持できない場合、ED治療薬で硬さを維持して挿入、射精という成功例を作ると、慣れで不安が減少して心因性EDが解消することが多いのです。

子作りED(あるいは排卵日ED)

子どもを望む夫婦が排卵日に合わせてセックスをするのは不妊治療の第一歩ですが、今日こそと思って頑張った合体が何回か失敗に終わると、男性のプレッシャーはじょじょに大きくなります。

その日奥様が作る「スタミナ料理」や「ムード作り」が逆効果になる場合もあります。そんなわけで、ふだんは大丈夫なのに排卵日に合わせたセックスのときだけなぜか立たない、というのが子作りEDです。この症状にもED治療薬は効果があります。

この他に比較的若い世代のEDとしては、妻の出産に立ち会ってからなぜかED症状が出たというケースもあるといいます。また、これらとは性質が違いますが、うつ病の治療薬を長期間服用しているとEDの症状が出ることがあります。薬の副作用による薬剤性EDは高齢者に多いのですが、若い世代でも出ることがあります。

若者のEDに必要なのは『1度の成功例』

若年層の場合、経験不足、極度の緊張、過去に性行為で勃起できなかった、それ以外の失敗がトラウマが原因で性行為中に勃起ができない、という勃起障害を経験する男性が多く、『心因性ED』に分類されます。

年齢に関わらず、不安や緊張があると勃起は阻害されます。興奮はしても神経がリラックスしている時に勃起が起きるのですが、これは睡眠中のレム睡眠の間に勃起が起こるのと同じ仕組みです。

よって、緊張や不安があるのは『過去の成功例』がないからで、この成功例というのは、性行為中に「硬く勃起をする」「勃起を維持する」「女性器に挿入する」「萎えない」「射精まで到達」という一連の成功を意味します。

では、どうやって成功例を作るかと言うと、ED治療薬の力を借りることです。バイアグラ、シアリス、レビトラ、それらのジェネリック薬は、中年以降の男性限定のお薬ではありません。
ED治療薬は『勃たたない男性限定』のお薬ではなく、中折れする男性、もっと硬さや回数、持続時間を楽しみたいという男性の満足度を高めるのがED治療薬です。
心因性EDの話に戻ると、緊張や不安などで勃起を維持できない場合には特に有効で、空腹時に適量を服用することで勃起の開始、維持、スピーディーな回復を後押しします。

ED治療薬はこちらからご確認ください>>

あがり症・極度の緊張を抑えるお薬のご購入

人気商品

20代、30代の男性に多いタイプのEDは?

中高年のEDは心因的な要因と器質的な要因が重なっている場合が多いのに反し、若い世代のEDはストレスなどの心因的な原因がほとんどです。ED専門外来の医師には、近年20~30代の若い年代のEDについての相談が増えていると感じでいる人が多いようです。 心因性EDとは、勃起のプロセスを精神的なストレス、不安、緊張などが邪魔して充分に勃起できない症状です。そのストレスや不安を本人が意識している場合もあるし、気が付いていない場合もあります。 症状として多いのは、挿入するに充分な硬さが得られない症状と、挿入できてもそれを維持できない、いわゆる「中折れ」の症状です。心因性EDでもっとも注意しなければいけないのは、予期不安による悪循環です。失敗の経験が次も上手くいかないのではという不安を生んで、その不安がさらに症状を悪化するケースが多いのです。 若いのだからそのうちに治ると思って放置すると、症状が悪化するだけでなくパートナーとの人間関係に亀裂を生じることがあるので、できるだけ早い段階での治療が望まれます。 若い世代に多いED のタイプには次のようなものがあります。

童貞ED

初めてのセックスで緊張して勃起不全を起こすのが「童貞ED」です。多くのケースは前戯の段階では勃起していたものが、挿入しようとして膣の入り口を探すうちに萎えてしまうというものです。 思春期にマスターベーションをしながら憧れて続けていた「膣への挿入」をいよいよ果たそうというときに緊張するのはやむをえません。慣れないと膣の入り口を探り当てるのが意外に難しいということもあるでしょう。とくに「オレはもうとっくに童貞は捨てている」などと見栄を張っている場合は、まごまごすると未経験がバレてしまうと思うと余計に緊張します。 しかし、多くの場合はその晩のうちになんとかなるものです。顔を見合わせての正常位では2~3度突入に失敗しても、バックから攻めてみたとたんにオスの本能と自信がよみがえって見事成功(性交?) したというような例もあります。 そういう意味では、男性の場合は初めてのセックスは、多少優越感の持てる、あるいは気持ちに余裕がもてる相手がいいとも言えます。昔の若者が筆おろしと称して先輩に連れられて遊郭(古い表現ですが)に行ったのは童貞EDの予防だったのかもしれません。 初めてなのだから、とびきりの美人となどと考えるのは危険です。というのは、その日のうちに何とかなればよいのですが、結局そのときはダメで次回に持ち越しとなると、トラウマが尾を引き、予期不安が大きくなって、また失敗という最悪の事態になる可能性があるからです。

新婚ED

結婚年齢が上昇するとともに、20代、30代の独身男性の性行為の未経験者の割合も大きくなっています。30歳過ぎてからの結婚で男性に性経験がない場合は、初めて性行為に臨む男性の緊張はかなり強いものがあると思われます。 そういう状況でたまたま「合体」に失敗すると、次の機会での予期不安は大きく、緊張はさらに高まります。こういう悪循環で花嫁にも大きな不安を与えてしまうのが新婚EDです。放置すると最悪の場合は離婚にいたるケースもあります。 このようなケースではバイアグラ、シアリス、レビトラなどのED治療薬が多くの場合、顕著な効果を発揮します。大切なことは、セックスの成功例を作ることで、不慣れが原因で勃起が維持できない場合、ED治療薬で硬さを維持して挿入、射精という成功例を作ると、慣れで不安が減少して心因性EDが解消することが多いのです。

子作りED(あるいは排卵日ED)

子どもを望む夫婦が排卵日に合わせてセックスをするのは不妊治療の第一歩ですが、今日こそと思って頑張った合体が何回か失敗に終わると、男性のプレッシャーはじょじょに大きくなります。 その日奥様が作る「スタミナ料理」や「ムード作り」が逆効果になる場合もあります。そんなわけで、ふだんは大丈夫なのに排卵日に合わせたセックスのときだけなぜか立たない、というのが子作りEDです。この症状にもED治療薬は効果があります。 この他に比較的若い世代のEDとしては、妻の出産に立ち会ってからなぜかED症状が出たというケースもあるといいます。また、これらとは性質が違いますが、うつ病の治療薬を長期間服用しているとEDの症状が出ることがあります。薬の副作用による薬剤性EDは高齢者に多いのですが、若い世代でも出ることがあります。

若者のEDに必要なのは『1度の成功例』

若年層の場合、経験不足、極度の緊張、過去に性行為で勃起できなかった、それ以外の失敗がトラウマが原因で性行為中に勃起ができない、という勃起障害を経験する男性が多く、『心因性ED』に分類されます。 年齢に関わらず、不安や緊張があると勃起は阻害されます。興奮はしても神経がリラックスしている時に勃起が起きるのですが、これは睡眠中のレム睡眠の間に勃起が起こるのと同じ仕組みです。 よって、緊張や不安があるのは『過去の成功例』がないからで、この成功例というのは、性行為中に「硬く勃起をする」「勃起を維持する」「女性器に挿入する」「萎えない」「射精まで到達」という一連の成功を意味します。 では、どうやって成功例を作るかと言うと、ED治療薬の力を借りることです。バイアグラ、シアリス、レビトラ、それらのジェネリック薬は、中年以降の男性限定のお薬ではありません。 ED治療薬は『勃たたない男性限定』のお薬ではなく、中折れする男性、もっと硬さや回数、持続時間を楽しみたいという男性の満足度を高めるのがED治療薬です。 心因性EDの話に戻ると、緊張や不安などで勃起を維持できない場合には特に有効で、空腹時に適量を服用することで勃起の開始、維持、スピーディーな回復を後押しします。 ED治療薬はこちらからご確認ください>>