バイアグラ系、レビトラ系、シアリス系の服用アドバイス | くすりエクスプレスの教えてQ&A

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

効果的な服用法と注意点は?

バイアグラ系ED薬の服用タイミング

バイアグラ系は、セックスやマスターベーションの「1時間前」の服用が理想です。バイアグラの成分シルデナフィルの最大効果は服用後1.5時間ほどです。

バイアグラ系は服用後4、5時間持続します。空腹時に服用すると30~40分で顔や体のほてりとともに効果が現れます。効果が持続している間は性的な刺激、性欲の向上で勃起をすることが可能で、個人差はありますが射精後も刺激や興奮で再度勃起することが可能です。

効いている間、勃起しっぱなしではなりません。性的興奮や刺激が無ければ勃起せず、勃起した後も興奮、性的刺激なくなるとおさまります。

全てのバイアグラ系ED治療薬はこちら>>

空腹時の服用を実践

バイアグラ系(シルデナフィル成分)は食事の影響を受けやすく、特に脂肪分の多い食事は成分の吸収を阻害して効き目が落ちます。食後は最低2,3時間あけて服用します。食事の影響が気になる場合はレビトラ系、シアリス系など食事の影響が幾分低いED治療薬が検討できます。

食前に服用する場合

食前に服用する場合、服用後30分以上待ってから食事します。30分で成分シルデナフィルはほぼ体内に吸収されます。バイアグラ系は服用後4,5時間の作用のため、食事に時間をかけすぎないよう要注意です。食前に服用する場合、レビトラ系(半錠で5時間、1錠8時間)やシアリス系(半錠24時間、1錠36時間)も検討できます。

お酒とバイアグラ系の服用

アルコールは過度に摂取すると勃起力を落とします。これはEDの有無にかかわりませんので、ED治療薬を服用している場合も飲酒は少量、適量にします。アルコール自体はED治療薬への悪影響はなく、あくまで勃起自体への悪影響です。 お酒で立ちくらみなどの服用がED治療薬で強くなることもありますので、適度の飲酒にとめておきましょう。

バイアグラ系ED薬の効果が低い場合

バイアグラ系に関わらず、ED治療薬は「耐性」で効果が下がることはありません。 ED治療薬に影響を与えやすいのは「食事の影響」「服用タイミング」です。お酒の飲みすぎも悪影響です。理想は空腹時の服用で、セックスで試す前に空腹時の服用でマスターベーションにて勃起力や勃起回復力などを確認しましょう。 バイアグラ系は勃起力は定評がありますが、作用の持続時間が最も短いため、効き目が短いと感じる場合は、レビトラ系、シアリス系が一考できます。

ストレス、疲れ、性欲低下などで効かない?

勃起は血管の老化など以外に、精神的な影響を大きく受けます。心配事、不安、緊張などで性欲が低下している状態では勃起力が低下し、ED治療薬の効果も低くなることがあります。これらは自律神経の「交感神経(非リラックス)」が優勢になっており、勃起には「副交感神経(リラックス)」が優勢になっていることが大事です。

不安、緊張でED治療薬の効果が落ちる?

セックスで過去にうまく勃起できなかった、途中で硬さがなくなり中折れしたなどの経験はある意味「トラウマ」として脳裏に残り、次もまた同じように勃起できずにセックスで失敗するのではないかという不安を感じます。

不安や緊張などは自律神経の「交感神経」が優勢になっている状態で、神経がピリピリした状態になり、勃起の邪魔をします。 そういった場合、ED治療薬の効果が落ちやすく、セックスにはリラックス状態(いわゆる自律神経の副交感神経が優勢な状態)が必要なのです。

不安や緊張でED治療薬の効果がいまいちという方は「安定剤」による心身のリラックス効果を利用することができます。

ED治療薬と安定剤の併用

EDクリニックではバイアグラなどED治療薬の処方と同時に、上記のような不安があるかたには「安定剤」を処方してくれます。 デパスなど、マイナートランキライザーと呼ばれるお薬で、緊張を解いて睡眠導入剤としても使われるお薬です。

シアリス系ED薬の服用タイミング

シアリス系は、他のED治療薬と比較して効果の現れが遅いですが、長く効きます。服用後1時間から3時間ほどで効果が現れます。効果が長いため「余裕をもって」早めに空腹時に服用しておきます。

セックスの3時間ほど前の服用が理想と言われますが、セックスまでの余裕がない(時間がない)場合は、即効性の高いレビトラ系(空腹時で15分~30分で効果が)が検討できます。

シアリス系は服用後10mgで24時間、1錠20mgで36時間持続します。効果が持続している間は性的な刺激、性欲の向上で勃起をすることが可能で、個人差はありますが射精後も刺激や興奮で再度勃起することが可能です。

全てのシアリス系ED治療薬はこちら>>

空腹時の服用を

シアリス系(タダラフィル成分)はバイアグラ系、レビトラ系よりも食事の影響が改善されていますが、効果を最大限発揮するには空腹時の服用です。効果が長いためあらかじめ空腹時を選んで早めに服用して吸収しておきます。

食前に服用する場合

食前に服用する場合、服用後60分以上待ってから食事します。シアリス系は成分の吸収に時間があっかるため、バイアグラやレビトラ系よりも時間を空けてから食事します。 食後にシアリス系を服用する場合は2時間ほど空けてから服用します。

お酒とシアリス系ED薬の服用

ED治療薬自体はアルコールの影響を受けませんが、「勃起能力」自体がアルコールの影響を受けますので、少量や適量を越えた飲酒はシアリス系を服用しても普段より勃起力が低下することがあります。 また、ED治療薬はシアリスに関わらず、アルコールの立ちくらみなどの副作用を強くすることがあります。

シアリス系ED薬の効果が薄い場合

シアリス系に関わらず、ED治療薬は「耐性」で効果が下がることはありません。 ED治療薬に影響を与えやすいのは「食事の影響」「服用タイミング」です。シアリス系の場合、効果の現れに時間がかかるため、服用後に時間を十分空けずにセックスやマスターベーションをした場合は効果が十分または全く現れない場合があります。

シアリス系の勃起力が少々弱いと感じる場合

シアリスやジェネリックのシアリスは、バイアグラ系、レビトラ系より幾分勃起力、硬さが劣るとされます。その場合、増量するのではなく、バイアグラ系、レビトラ系を試されるのも一考です。ED治療薬は特長、強み、弱点を知ってケースバイケースで使い分けできます。

ストレスや不安、心配事は勃起の邪魔を

ED治療薬はうつやストレスで勃起力が低下した男性にも効果がありますが、これら精神的な要因は勃起の邪魔をしますので、ED治療薬の効果が薄まることもあります。

レビトラ系の服用タイミング

レビトラ系は、他のED治療薬と比較して最も効果が早く、15分から20分で効果が現れます。即効性のあるED治療薬ですが、セックスやマスターベーションの1時間ほど前に服用しておきます。 レビトラ系は半錠(10mg)で約5時間、1錠(20mg)で8~10時間ほど作用が持続しますので、バイアグラより長く、シアリスより短い作用時間で、早く効き、ある程度長く効くため使いやすいED薬と言われます。

効果が持続している間は性的な刺激、性欲が高まることで勃起をおこせ、射精後も再度勃起を再開できます。効いている間中、勃起が収まらないのではなく、性的興奮を感じないと収まります。

全てのレビトラ系ED治療薬はこちら>>
空腹時の服用

レビトラ系(バルデナフィル成分)の食事の影響は、バイアグラ系とレビトラ系の間で、バイアグラ系よりある程度は改善されていますが、空腹時の服用が理想です。脂っこい食事はED治療薬の成分の吸収の邪魔をしますので、注意しましょう。

食前に服用する場合

食前に服用する場合、最低でも15分以上してから食事をします。レビトラ系の成分は吸収が早いため、バイアグラ系、シアリス系よりは早く食事を開始できます。食後にレビトラ系を服用する場合は2時間ほど空けてから服用します。

お酒とレビトラ系の服用

ED治療薬自体はアルコールの影響を受けませんが、「勃起能力」自体がアルコールの影響を受けますので、少量や適量を越えた飲酒はレビトラ系を服用しても普段より勃起力が低下することがあります。 また、ED治療薬はレビトラ系に関わらず、アルコールの立ちくらみなどの副作用を強くすることがあります。

精神的要因で勃起力が低下

心因性EDと言って若い男性から人生のベテランまで、ストレス、うつ、不安、緊張などは勃起の邪魔をしますので、EDの原因になります。ED治療薬はこういった心因性EDにも効きますが、勃起力に影響することがあります。

カテゴリ別にもっと見る