慢性膀胱炎は一般的にいう膀胱炎とは違うのでしょうか? | くすりエクスプレスの教えてQ&A

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

慢性膀胱炎は急性膀胱炎のような強い痛みはありません。

しかし、完治するまでに長い期間を要する必要があり急性膀胱炎が悪化し慢性膀胱炎になってしまうこともあります。

慢性膀胱炎の特徴は、尿意を感じてトイレに行っても少量のおしっこしか出ないというのが一般的な症状です。

病原菌が断定できなかったり、別の病気が関係していることもあるので治しにくい病気ではあります。

クラミジアや淋菌など細菌が原因で起こるものは、別の病気から細菌が膀胱内へと感染してしまいます。

原因となる病気は、膀胱結石、前立腺肥大症、糖尿病などが考えられます。

もう一つが、急性膀胱炎が治癒しないまま放置されたせいで慢性的になってしまうケースです。

どちらの慢性膀胱炎も、痛みは少なく頻尿や排尿時の軽い痛み、残尿感が典型的な症状としてあらわれます。

自分では全く気がつかなかったために、治療が長引いてしまうことがあるので注意が必要になります。

急性膀胱炎と直接関係はなくても、慢性化してしまう可能性もあるので少しでも異変に気づいたら医師の診断を受けるようにしましょう。

カテゴリ別にもっと見る