PMSの症状とされるのはどんな症状ですか? | くすりエクスプレスの教えてQ&A

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

一般的にPMSの症状として現れるのがいくつもあります。

また体だけなく心の変化もあるのが特徴です。

体の変化では、お腹の張りや腹痛(下部)、頭痛や肩こり、胸の張りや痛み、動悸やのぼせ、貧血やめまい、微熱がでることもあります。

また、にきびや肌荒れ、皮膚のかゆみやむくみ、だるさや疲れやすさを感じて朝起きるのが辛く感じる方もいるでしょう。

無性に甘いものが食べたくなったり、アルコールに弱くなってしまいすぐに酔ってしまう方もいます。

また心の変化では、すぐにいらいらして攻撃的になって興奮してしまったり、その反対に精神的に不安定な状態が続き、気分の落ち込みや不安感、抑うつ感を感じてしまうこともあります。

無気力で集中力や記憶力が低下してしまい、放心状態になってしまう方もいれば、急に涙が止まらなくなったり何もないのに泣きたくなるなど、感情が制御できなくなることもあります。

このようなPMSの症状を経験しているのは女性の8割にもなるため、多くの女性がこれらの症状に悩んでいることになります。

PMSの原因は女性ホルモンのバランスの変化で、通常は低用量ピルで安定します。

タグ:

カテゴリ別にもっと見る