膀胱炎の原因は何ですか? | くすりエクスプレスの教えてQ&A

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

膀胱炎は男性と女性で見ると圧倒的に女性に多い病気です。

膀胱炎は基本的に細菌が膀胱内に入り込み、炎症を起こした状態を指します。男性は女性よりも尿道が長いので細菌が膀胱に到達する前に排尿などによって排出されることが多く、膀胱炎になりにくいと言われています。

男性が膀胱炎になる原因としては、尿道炎や前立腺炎との合併症が一番多いようです。まず、尿道で菌が繁殖し感染、それが前立腺、膀胱へと炎症を拡大させていくのです。それ以外には、病院で診察を受けた際、また病院でなんらかの治療の時に使用した尿カテーテルや、使用した器具から膀胱内に細菌が入り込むことも非常にまれですが報告されています。

膀胱炎の原因菌は淋菌やクラミジア菌の場合が多いですがその場合の治療薬はこちらです>>

女性の場合、尿道が短いので大腸菌などの細菌が膀胱に入りやすいと言われています。そのため、約3人に一人は膀胱炎を経験したことがある、と言われるほどポピュラーな病気です。では女性が膀胱炎になるどんな原因があるでしょうか。

一番多いのが、長時間トイレを我慢してしまう傾向がある場合です。「外出先ではなんとなくトイレを我慢してしまう」という方や「仕事柄休憩時間にしかトイレに行けない」という人は注意が必要です。

夏場や運動量が多い人などが汗をよくかき尿量が極端に少なくなる場合も膀胱炎になる原因になりえます。どちらの場合も通常なら尿で排出される細菌が長時間トイレに行かないことで膀胱に到達してしまうからです。膀胱内で長時間尿が滞在していることにより、膀胱内で細菌が繁殖してしまうことも原因になります。

さらに、性行為の際に雑菌がついてしまうこともよくあります。手や指、舌にも多くの雑菌がいます。清潔ではない状態での性行為により細菌が尿道から入ってしまうことがあります。また性行為中、膣の周辺や尿道口が傷ついてしまい、細菌による感染を起こす場合もあります。

膀胱炎は細菌による炎症で、体の免疫力が落ちると炎症を起こしやすくなります。正常な場合、膀胱内でも細菌に対する抵抗力があるので、炎症にはいたりません。しかし、免疫力が低下すると細菌が増えて炎症を引き起こします。

免疫力が低下する原因としては、睡眠不足、疲れ。ストレス、ダイエットによる栄養不足などが一般的です。また女性に多いのは冷えからくる抵抗力低下です。身体が冷えて血液のめぐりが悪くなると体の各機関に必要な栄養が届かず、抵抗力が落ちたり免疫力が低下したりします。特に腰やお腹を冷やすと、てきめんに膀胱の働きが悪くなり、膀胱炎になりやすくなります。
妊娠中の女性も膀胱炎になりやすいです。それには妊娠によるホルモンバランスの変化で自律神経が乱れ免疫機能が低下することが関係しているといわれています。さらに、妊娠中期から後期にかけ、子宮が膀胱を圧迫するようになるので、頻尿気味になります。その際に、「実際にはそれほど尿が出るわけないのだから」と尿を我慢してしまう場合があります。そうすると膀胱内に細菌が増えていってしまいます。

また、生理期間中から生理が終わった時なども膀胱炎になりやすくなっています。生理中はエストロゲンの分泌が低下します。いつもはこのエストロゲンの働きで、膣周辺の細菌感染が守られているのですが、生理期間中はその働きが低下します。また、生理ナプキンは非常に細菌が増えやすい状態にあります。

養分を含んだ湿り気があり、体温以上の温度が保たれるからです。そのため、細菌が増え尿道から膀胱まで一気に増えていくことがあります。生理期間中多くの女性は体が冷えやすくなるので、膀胱炎を引き起こすいくつもの条件が重なることになります。

膀胱炎は一度かかると何度も繰り返してしまう傾向があります。急性膀胱炎が慢性化してしまうこともよく見られます。できれば早めに徹底的に治療を行いましょう。

タグ:

カテゴリ別にもっと見る