クラミジアに感染してしまいました…どんな症状で治療はどうなりますか? | くすりエクスプレスの教えてQ&A

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

クラミジアはクラミジア細菌によって引き起こる感染症です。 不妊症との関連の他にも、最近では10代の若い世代でクラミジア感染が広がっていると言われています。 クラミジアに感染した場合、症状として男性は尿道から膿が出てくることがあり、この時痛みを伴う場合もあります。 女性はおりものの量が増えることもありますが、ほとんど自覚症状はないと言えます。

ただ、オーラルセックスの際に喉にクラミジア感染を引き起こした場合は、喉に痛みを覚え咳の回数が増えることがあります。 風邪の症状に間違えやすいのですが、クラミジア感染をそのままにしておくと急性腹膜炎などの病気になる恐れもあるのです。 治療方法としては、クラミジアを除去するための抗生物質・抗菌薬を服用して治療するケースが一般的です。 服用することでしっかりと完治させることができます。

薬を飲み忘れたり飲み方を間違えたりすると薬の効果が十二分に発揮されないため、必ずクラミジアがきちんといなくなったかどうか病院で再検査する必要があります。 治療しないとパートナーにクラミジア感染が拡大してしまい、そこから不妊リスク・HIV感染リスク等につながってしまうので気を付けましょう。

性器クラミジアの場合の治療薬はジスロマック(アジスロマイシン)が主流となっていますので、ご確認ください。

タグ:

カテゴリ別にもっと見る