【利尿剤】トラセミド・ルプラックの効果・飲み方・注意事項 | くすりエクスプレスの教えてQ&A

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

トラセミドについて

トラセミドは世界的に有名な利尿薬で、日本では「ルプラック」という商品名で知られています。尿量を多くすることで心臓への負担を軽減し、全身の浮腫(むくみ)を改善させる作用があります。

トラセミドは薬学的にはループ利尿薬に分類されており、有名な利尿薬「ラシックス」などと同系統の薬です。利尿薬の中で最も強力な利尿作用を有しています。

心臓、腎臓、肝臓などの機能が低下すると、体内で処理できなかった水分がそのまま溜まって浮腫が生じます。

トラセミドは腎臓の尿細管という部位で塩分と水分の体内への再吸収を抑制することで尿量を増やし、浮腫を改善します。つまり、体内が余分な水分を溜め込まないように尿として排出させてくれるのです。

血液中の余分な水分も減らすことで心臓への負担を軽減させ、血圧を下げる作用があります。そのため、ただの浮腫改善だけでなく心不全など様々な疾患による浮腫の治療目的に多く使用されています。日本では適応がありませんが、海外では高血圧治療にも使用されています。

トラセミドはループ利尿薬に挙げられる低カリウム血症の副作用が起こりにくく、脂質代謝など身体機能への影響も少ないのでラシックスより安全性が高いです。

ルプラックについて

ルプラックは有効成分としてトラセミドを含有する有名な利尿薬です。「ラシックス」などと同じ仲間の薬で、医学的にはループ利尿薬と呼ばれています。
ループ利尿薬は利尿薬の中で最も強力な利尿作用を持つ薬です。

心臓、腎臓、肝臓などの機能が悪くなる と、体内に処理できなかったぶんの余分な水分が溜まり浮腫(むくみ)が現れます。
ルプラックは強力な利尿作用で体内の余分な水分を尿として排出させ、浮腫を改善します。

水分を排出することで心臓への負担を減らす作用もあるため、心不全をはじめ様々な疾患による浮腫の治療に世界中で広く使用されています。
尚、国内では適応はありませんが海外では高血圧治療にも使用されます。

また、ルプラックはループ利尿薬でよくある副作用の低カリウム血症が起きにくいため安全性も高いです。

ルプラックを通常成人は1日1回5~10mg(国内規格では4~8mg)を服用します。年齢や身体の状態によって適宜増減します。
利尿作用という特性上トイレが近くなるため、一般的には午前中に服用します。

ルプラックとラシックスの違い

ルプラックは有効成分としてトラセミドを含有している利尿薬で、ラシックスは有効成分としてフロセミドを含有している利尿薬です。両薬剤は同系統すなわち同じ仲間の薬であり、薬学的にはループ利尿薬と呼ばれています。
そのため作用も効果効能も同じですが、効果の強さや効能において幾つか僅かな相違点があります。

ループ利尿薬に分類される薬は利尿薬の中でも最も強力な利尿作用を持つ薬なので、ルプラックもラシックスもかなり強力な利尿薬です。そしてルプラックの利尿作用はラシックスよりも強力だと言われています。
一方、利尿薬は降圧(血圧を下げる)作用も有しているため高血圧治療にも使用されますが、ラシックスのほうがルプラックより優れていると言われています。尚、国内で高血圧治療の適応が承認されているのはラシックスのみです。

また、ラシックスはナトリウムや余分な水分を排出するのと共に身体に必要な電解質であるカリウムも排泄してしまう傾向があるため低カリウム血症を起こしやすくなりますが、ルプラックはカリウムの排出を抑える性質があるために低カリウム血症を起こしにくいです。

作用時間に違いはあまりありませんが、どちらかというとラシックスが短時間型で即効性が高いタイプになります。

ルプラックの効果効能

ルプラックはループ利尿薬と呼ばれる強力な利尿薬で、有効成分はトラセミドです。
体内の余分な水分を尿として排出することで浮腫(むくみ)を改善します。

心臓、腎臓、肝臓などの機能が低下したり血流が悪くなると、体内で処理できなかった水分がそのまま溜まって浮腫が現れます。
トラセミドは腎臓の尿細管という部位で塩分と水分の体内への再吸収を抑制することで尿量を増やし、浮腫を改善します。つまり、体内が水分を無駄に溜めすぎないように尿として排出させてくれるのです。
血液中の余分な水分も減らすことで心臓への負荷を減らし、血圧を下げる作用があります。そのため、ただの浮腫改善だけでなく心不全などといった様々な疾患による浮腫の治療に多く使用されています。国内で適応はありませんが、高血圧治療にも有効です。

尚、ルプラックの半減期(体内で有効成分の濃度がピーク時の半分になるまでの時間)は約2時間であり、効果は個人差がありますがおよそ6~8時間持続します。

ルプラックの使用方法

ルプラックを通常成人は1日1回5~10mg(国内の規格では4~8mg)を服用します。
年齢や身体の状態によって適宜増減します。うっ血性心不全や腎不全による浮腫治療で使用する場合のルプラックの最大用量は200mgですが、ただの浮腫をとる目的であれば10mgまでにとどめておくことをお勧めします。
初めて服用する際は5mgや半錠(2.5mg)からの服用で様子をみてください。

食事の影響を受けにくいので自身の服用タイミングで服用することができますが、通常は朝~昼の午前中の時間帯に服用します。尿量が増えてトイレの回数が増えるため、夜間の服用は避けるのが一般的です。病態によっては医師の判断により夜の服用になることもあるので、必ず医師の指示に従ってください。

ルプラック服用後はおよそ1時間以内に効果が現れます。半減期(薬の血中濃度がピーク時の半分になるまでにかかる時間)は約2時間で、効果は個人差がありますがおよそ6~8時間持続します。そのため服用後8時間程度はトイレに行きやすい状況であることをお勧めします。

ルプラックの副作用

ルプラックの副作用は倦怠感、脱力感、めまい、ふらつき、吐き気、頭痛、尿酸値上昇、耳鳴り、一時的な難聴などが報告されています。
薬が効きすぎると脱水症状、電解質失調、低血圧を引き起こす恐れがあるため投与量には慎重な注意が必要です。浮腫をとりたいからと利尿薬を服用しながら水分制限をする方がいますが、大変危険な行為なので止めましょう。適度な水分補給は浮腫をとるためにも必要です。

また、ループ利尿薬の重大な副作用として低カリウム血症に注意する必要があります。
ルプラックは他のループ利尿薬(ラシックスなど)とは違いカリウム保持性という性質があるため低カリウム血症を起こしにくくなっていますが、それでも稀に報告されています。初期症状は倦怠感、筋力低下、動悸、便秘などの強い症状です。

他には滅多に起こりませんが、重大な副作用として肝障害、血液障害、低ナトリウム血症(倦怠感、口渇、意識朦朧)なども挙げられます。
ルプラック服用後に何らかの身体の強い異常が現れたら、服用を中止してすぐ受診してください。

ルプラックの注意点

ルプラックの副作用は倦怠感、脱力感、めまい、ふらつき、吐き気、頭痛、尿酸値上昇、耳鳴り、一時的な難聴などが報告されています。
薬が効きすぎると脱水症状、電解質失調、低血圧を引き起こす恐れがあるため投与量には慎重な注意が必要です。浮腫をとりたいからと利尿薬を服用しながら水分制限をする方がいますが、大変危険な行為なので止めましょう。適度な水分補給は浮腫をとるためにも必要です。

また、ループ利尿薬の重大な副作用として低カリウム血症に注意する必要があります。
ルプラックは他のループ利尿薬(ラシックスなど)とは違いカリウム保持性という性質があるため低カリウム血症を起こしにくくなっていますが、それでも稀に報告されています。初期症状は倦怠感、筋力低下、動悸、便秘などの強い症状です。

他には滅多に起こりませんが、重大な副作用として肝障害、血液障害、低ナトリウム血症(倦怠感、口渇、意識朦朧)なども挙げられます。
ルプラック服用後に何らかの身体の強い異常が現れたら、服用を中止してすぐ受診してください。