30代では3人に1人が尿漏れで悩む? | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/02/05

男性に比べて尿道が短い女性には、尿漏れというやっかいな症状があります。中高年になるとほとんどの女性に起きますが、実はあまり話題にされないだけで20代、30代の女性にもけっこう多い症状です。信州大学の調査によると、20代で20%、30代で31%の女性に尿漏れの症状がみられるといいます。

尿漏れは、くしゃみや咳をしたとき、走ったとき、重い物を持ち上げたときなどによく起きますが、これは女性の尿漏れの原因でもっとも多い「腹圧性の尿漏れ」です。この他にオシッコが我慢できずに漏らす「切迫性の尿漏れ」があり、両者が混合した「混合型の尿漏れ」もあります。これらの割合は、腹圧性が約50%以上、切迫性が約20%、混合型が約30%と言われています。

腹圧性尿失禁の原因は骨盤底筋のゆるみ

腹圧性の尿漏れの原因は、骨盤底筋のゆるみです。骨盤底筋は膀胱・子宮・腟・直腸などの臓器を下から支える筋肉で、肛門や膣を締める筋肉も骨盤底筋群の1つです。骨盤底筋群が弱ると内臓が下がって、膀胱や尿道が圧迫されて尿漏れが起きやすくなります。

骨盤底筋のゆるみは妊娠や便秘、運動不足などが原因で起きます。肥満が原因になることもありますが、逆に過激なダイエットなどによる激やせによって起きることもあります。

まず肥満や便秘の解消を

腹圧性の尿漏れの対策は、まずその原因になっている肥満や便秘などを解消する必要があります。運動不足で骨盤底筋群が弱っている場合は。運動による筋肉強化が必要です。肛門と膣を引き締める「骨盤底筋体操」も有効です。妊娠中の尿漏れは一過性ですが、出産後も続くようなら、骨盤底筋体操などで筋肉を強化しましょう。

とくに薄着の夏は、尿漏れは深刻な症状ですが、心配して外出をひかえるのは精神衛生上も良くないので、尿漏れパッドなどの対策用品を上手に利用しましょう。

薬での治療が必要な切迫性の尿漏れ

トイレが間に合わないとか、キッチンで水が流れる音を聞いていると思わず漏らしてしまうなどの「切迫性の尿もれ」は、尿意をコントロールする神経や膀胱の活動に何かの障害があるときに起こります。切迫性の尿漏れは漏れる尿の量が多いのが特徴で、悩みは深刻です。

尿失禁や頻尿の原因を改善するお薬はこちらからどうぞ>>

切迫性の尿漏れの治療には、膀胱の平滑筋を緩めて過度な収縮を抑える薬(ダリフェナシン、トビエース、ソリフェナシン、オキシブチニンなど)を使用します。これは抗コリン剤と呼ばれる薬で、膀胱内に貯めることができる尿の容量を増やす作用があります。

混合型の尿漏れは、骨盤底筋のゆるみに尿道や膀胱の機能低下が加わることで起きます。更年期の女性の尿漏れの多くが混合型だと言われています。

30代では3人に1人が尿漏れで悩む?

男性に比べて尿道が短い女性には、尿漏れというやっかいな症状があります。中高年になるとほとんどの女性に起きますが、実はあまり話題にされないだけで20代、30代の女性にもけっこう多い症状です。信州大学の調査によると、20代で20%、30代で31%の女性に尿漏れの症状がみられるといいます。 尿漏れは、くしゃみや咳をしたとき、走ったとき、重い物を持ち上げたときなどによく起きますが、これは女性の尿漏れの原因でもっとも多い「腹圧性の尿漏れ」です。この他にオシッコが我慢できずに漏らす「切迫性の尿漏れ」があり、両者が混合した「混合型の尿漏れ」もあります。これらの割合は、腹圧性が約50%以上、切迫性が約20%、混合型が約30%と言われています。

腹圧性尿失禁の原因は骨盤底筋のゆるみ

腹圧性の尿漏れの原因は、骨盤底筋のゆるみです。骨盤底筋は膀胱・子宮・腟・直腸などの臓器を下から支える筋肉で、肛門や膣を締める筋肉も骨盤底筋群の1つです。骨盤底筋群が弱ると内臓が下がって、膀胱や尿道が圧迫されて尿漏れが起きやすくなります。 骨盤底筋のゆるみは妊娠や便秘、運動不足などが原因で起きます。肥満が原因になることもありますが、逆に過激なダイエットなどによる激やせによって起きることもあります。

まず肥満や便秘の解消を

腹圧性の尿漏れの対策は、まずその原因になっている肥満や便秘などを解消する必要があります。運動不足で骨盤底筋群が弱っている場合は。運動による筋肉強化が必要です。肛門と膣を引き締める「骨盤底筋体操」も有効です。妊娠中の尿漏れは一過性ですが、出産後も続くようなら、骨盤底筋体操などで筋肉を強化しましょう。 とくに薄着の夏は、尿漏れは深刻な症状ですが、心配して外出をひかえるのは精神衛生上も良くないので、尿漏れパッドなどの対策用品を上手に利用しましょう。

薬での治療が必要な切迫性の尿漏れ

トイレが間に合わないとか、キッチンで水が流れる音を聞いていると思わず漏らしてしまうなどの「切迫性の尿もれ」は、尿意をコントロールする神経や膀胱の活動に何かの障害があるときに起こります。切迫性の尿漏れは漏れる尿の量が多いのが特徴で、悩みは深刻です。 尿失禁や頻尿の原因を改善するお薬はこちらからどうぞ>> 切迫性の尿漏れの治療には、膀胱の平滑筋を緩めて過度な収縮を抑える薬(ダリフェナシン、トビエース、ソリフェナシン、オキシブチニンなど)を使用します。これは抗コリン剤と呼ばれる薬で、膀胱内に貯めることができる尿の容量を増やす作用があります。 混合型の尿漏れは、骨盤底筋のゆるみに尿道や膀胱の機能低下が加わることで起きます。更年期の女性の尿漏れの多くが混合型だと言われています。

30代では3人に1人が尿漏れで悩む?

男性に比べて尿道が短い女性には、尿漏れというやっかいな症状があります。中高年になるとほとんどの女性に起きますが、実はあまり話題にされないだけで20代、30代の女性にもけっこう多い症状です。信州大学の調査によると、20代で20%、30代で31%の女性に尿漏れの症状がみられるといいます。 尿漏れは、くしゃみや咳をしたとき、走ったとき、重い物を持ち上げたときなどによく起きますが、これは女性の尿漏れの原因でもっとも多い「腹圧性の尿漏れ」です。この他にオシッコが我慢できずに漏らす「切迫性の尿漏れ」があり、両者が混合した「混合型の尿漏れ」もあります。これらの割合は、腹圧性が約50%以上、切迫性が約20%、混合型が約30%と言われています。

腹圧性尿失禁の原因は骨盤底筋のゆるみ

腹圧性の尿漏れの原因は、骨盤底筋のゆるみです。骨盤底筋は膀胱・子宮・腟・直腸などの臓器を下から支える筋肉で、肛門や膣を締める筋肉も骨盤底筋群の1つです。骨盤底筋群が弱ると内臓が下がって、膀胱や尿道が圧迫されて尿漏れが起きやすくなります。 骨盤底筋のゆるみは妊娠や便秘、運動不足などが原因で起きます。肥満が原因になることもありますが、逆に過激なダイエットなどによる激やせによって起きることもあります。

まず肥満や便秘の解消を

腹圧性の尿漏れの対策は、まずその原因になっている肥満や便秘などを解消する必要があります。運動不足で骨盤底筋群が弱っている場合は。運動による筋肉強化が必要です。肛門と膣を引き締める「骨盤底筋体操」も有効です。妊娠中の尿漏れは一過性ですが、出産後も続くようなら、骨盤底筋体操などで筋肉を強化しましょう。 とくに薄着の夏は、尿漏れは深刻な症状ですが、心配して外出をひかえるのは精神衛生上も良くないので、尿漏れパッドなどの対策用品を上手に利用しましょう。

薬での治療が必要な切迫性の尿漏れ

トイレが間に合わないとか、キッチンで水が流れる音を聞いていると思わず漏らしてしまうなどの「切迫性の尿もれ」は、尿意をコントロールする神経や膀胱の活動に何かの障害があるときに起こります。切迫性の尿漏れは漏れる尿の量が多いのが特徴で、悩みは深刻です。 尿失禁や頻尿の原因を改善するお薬はこちらからどうぞ>> 切迫性の尿漏れの治療には、膀胱の平滑筋を緩めて過度な収縮を抑える薬(ダリフェナシン、トビエース、ソリフェナシン、オキシブチニンなど)を使用します。これは抗コリン剤と呼ばれる薬で、膀胱内に貯めることができる尿の容量を増やす作用があります。 混合型の尿漏れは、骨盤底筋のゆるみに尿道や膀胱の機能低下が加わることで起きます。更年期の女性の尿漏れの多くが混合型だと言われています。

30代では3人に1人が尿漏れで悩む?

男性に比べて尿道が短い女性には、尿漏れというやっかいな症状があります。中高年になるとほとんどの女性に起きますが、実はあまり話題にされないだけで20代、30代の女性にもけっこう多い症状です。信州大学の調査によると、20代で20%、30代で31%の女性に尿漏れの症状がみられるといいます。 尿漏れは、くしゃみや咳をしたとき、走ったとき、重い物を持ち上げたときなどによく起きますが、これは女性の尿漏れの原因でもっとも多い「腹圧性の尿漏れ」です。この他にオシッコが我慢できずに漏らす「切迫性の尿漏れ」があり、両者が混合した「混合型の尿漏れ」もあります。これらの割合は、腹圧性が約50%以上、切迫性が約20%、混合型が約30%と言われています。

腹圧性尿失禁の原因は骨盤底筋のゆるみ

腹圧性の尿漏れの原因は、骨盤底筋のゆるみです。骨盤底筋は膀胱・子宮・腟・直腸などの臓器を下から支える筋肉で、肛門や膣を締める筋肉も骨盤底筋群の1つです。骨盤底筋群が弱ると内臓が下がって、膀胱や尿道が圧迫されて尿漏れが起きやすくなります。 骨盤底筋のゆるみは妊娠や便秘、運動不足などが原因で起きます。肥満が原因になることもありますが、逆に過激なダイエットなどによる激やせによって起きることもあります。

まず肥満や便秘の解消を

腹圧性の尿漏れの対策は、まずその原因になっている肥満や便秘などを解消する必要があります。運動不足で骨盤底筋群が弱っている場合は。運動による筋肉強化が必要です。肛門と膣を引き締める「骨盤底筋体操」も有効です。妊娠中の尿漏れは一過性ですが、出産後も続くようなら、骨盤底筋体操などで筋肉を強化しましょう。 とくに薄着の夏は、尿漏れは深刻な症状ですが、心配して外出をひかえるのは精神衛生上も良くないので、尿漏れパッドなどの対策用品を上手に利用しましょう。

薬での治療が必要な切迫性の尿漏れ

トイレが間に合わないとか、キッチンで水が流れる音を聞いていると思わず漏らしてしまうなどの「切迫性の尿もれ」は、尿意をコントロールする神経や膀胱の活動に何かの障害があるときに起こります。切迫性の尿漏れは漏れる尿の量が多いのが特徴で、悩みは深刻です。 尿失禁や頻尿の原因を改善するお薬はこちらからどうぞ>> 切迫性の尿漏れの治療には、膀胱の平滑筋を緩めて過度な収縮を抑える薬(ダリフェナシン、トビエース、ソリフェナシン、オキシブチニンなど)を使用します。これは抗コリン剤と呼ばれる薬で、膀胱内に貯めることができる尿の容量を増やす作用があります。 混合型の尿漏れは、骨盤底筋のゆるみに尿道や膀胱の機能低下が加わることで起きます。更年期の女性の尿漏れの多くが混合型だと言われています。