30代男性の性の悩みのトップ3は? | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/02/05

性の悩みは何ですか?

ネット女性誌の「J・SPA」では、セックスパートナーのいる30代男性100人に「SEXでの最大の悩みは何ですか?」など、セックスについてのアンケートを行ないました。それによると、悩みのベスト3は次の通りです。

【1位】早い(35人)
【2位】もっとたくさんしたい(12人)
【3位】相手を満足させているか不安(9人)

1位の「早い(早漏)」と3位の「相手を満足させているか不安」は同じ悩みとも言えそうです。男性にとってセックスは「女性を満足させることで自分も満足する」という行為なのです。もっとも2位の「もっとたくさんしたい」は自分の快感に焦点が当たった答で、”元気な30代”という感じがします。

快感に上り詰めてこの後も休憩もそこそこにラウンド2を・・・と意気込んだところ、その願いはかなわずに一回の性行為で終わってしまう、ということでしょうね。

自分が早すぎると思っている男性は約6割

また、最大の悩みとは言えなくても、自分の持続力について「早すぎると思う」と答えた人が59人だったといいます。しかし、挿入してからの持続時間を見ると、これで6割近くの人が 早すぎると思っているの? という意外なものでした。

1分=2人  2分=5人  3分=9人  4分=3人  5分=15人
6分=3人  7分=3人  8分=3人  10分=21人
12分=1人 15分=17人  20分=12人

「早すぎると思う」というのは自己認識なので、その人が具体的に持続時間を何分と答えたかは不明ですが、10分以上と答えた人が49人もいるのですから、そのうちの10人くらいは「早すぎる」と思っていることになります。

しかし、例えば挿入してから3分のピストン運動というのは決して「早すぎる」という時間ではありません。というより休まずに3分間腰を使い続けられる男性はそういないはずです。

ただ、男なら30分くらいは腰を振っていたいものです。早漏を恐れて「恐る恐る」腰を振っていると相手にも自信のなさが伝わってしまうでしょう。

AV男優は本当にスゴイの?

2007年の国際性医学会議が定めた早漏の定義は「射精がいつも膣内挿入前または挿入1分以内に起きる」です。この定義によるとアンケートに答えた男性の中で早すぎる人、つまり早漏は2人しかいないことになります。

実は深刻な早漏の悩みというのは、挿入後数秒または数十秒しかもたない男性もいるようで、そうなるとセックスに億劫になるのも仕方ありません。米国などではこのような症状にPEという病名がついて、薬による治療の象になっており、『ダポキセチン』という成分が早漏改善の定番です。

ではなぜ男性たちに「自分は早すぎる」という意識がまん延しているのでしょうか。それにはAVで観る「何回も女性を頂点に導く性豪」のイメージが影響しているのかもしれません。俺はあんなふうに女をイカせたことはないな―ということは早すぎるのか、と思ってしまうのです。

実際は、AV男優で特に人気男優となると頻繁なセックス、仕事でのセックスで臨機応変に勃起させる必要があるため、ED治療薬や早漏改善薬に頼っている男性も多いようです。

それでも早漏はいやだ、30分以上頑張りたい男性へ

男性たるものやはり女性を満足させるには硬い勃起と持続力でしょう。勃起力の低下と走路傾向は一緒に出やすいため、今ではスーパーPフォースタダポックス、サビトラマックスなど早漏とED(中折れを含む)を同時に解消するお薬が販売されています。

まず、早漏を改善する成分として米国で発表されていらい、国内外の男性クリニックでは定番の早漏治療薬の成分が「ダポキセチン」で、世界初の早漏改善薬はプリリジーと言います。

クリニックでも購入できますが、お薬代が非常に高いため、数分の一の低価格ジェネリック(ポゼットなど)が販売されています。

中折れや勃起不全と早漏を同時に解消するお薬には、バイアグラやレビトラの成分とダポキセチンが贅沢に配合されており、勃起の硬さと持続時間でパートナーを圧倒できた、という体験談が多いお薬です。

30代男性の性の悩みのトップ3は?

性の悩みは何ですか?

ネット女性誌の「J・SPA」では、セックスパートナーのいる30代男性100人に「SEXでの最大の悩みは何ですか?」など、セックスについてのアンケートを行ないました。それによると、悩みのベスト3は次の通りです。 【1位】早い(35人) 【2位】もっとたくさんしたい(12人) 【3位】相手を満足させているか不安(9人) 1位の「早い(早漏)」と3位の「相手を満足させているか不安」は同じ悩みとも言えそうです。男性にとってセックスは「女性を満足させることで自分も満足する」という行為なのです。もっとも2位の「もっとたくさんしたい」は自分の快感に焦点が当たった答で、”元気な30代”という感じがします。 快感に上り詰めてこの後も休憩もそこそこにラウンド2を・・・と意気込んだところ、その願いはかなわずに一回の性行為で終わってしまう、ということでしょうね。

自分が早すぎると思っている男性は約6割

また、最大の悩みとは言えなくても、自分の持続力について「早すぎると思う」と答えた人が59人だったといいます。しかし、挿入してからの持続時間を見ると、これで6割近くの人が 早すぎると思っているの? という意外なものでした。 1分=2人  2分=5人  3分=9人  4分=3人  5分=15人 6分=3人  7分=3人  8分=3人  10分=21人 12分=1人 15分=17人  20分=12人 「早すぎると思う」というのは自己認識なので、その人が具体的に持続時間を何分と答えたかは不明ですが、10分以上と答えた人が49人もいるのですから、そのうちの10人くらいは「早すぎる」と思っていることになります。 しかし、例えば挿入してから3分のピストン運動というのは決して「早すぎる」という時間ではありません。というより休まずに3分間腰を使い続けられる男性はそういないはずです。 ただ、男なら30分くらいは腰を振っていたいものです。早漏を恐れて「恐る恐る」腰を振っていると相手にも自信のなさが伝わってしまうでしょう。

AV男優は本当にスゴイの?

2007年の国際性医学会議が定めた早漏の定義は「射精がいつも膣内挿入前または挿入1分以内に起きる」です。この定義によるとアンケートに答えた男性の中で早すぎる人、つまり早漏は2人しかいないことになります。 実は深刻な早漏の悩みというのは、挿入後数秒または数十秒しかもたない男性もいるようで、そうなるとセックスに億劫になるのも仕方ありません。米国などではこのような症状にPEという病名がついて、薬による治療の象になっており、『ダポキセチン』という成分が早漏改善の定番です。 ではなぜ男性たちに「自分は早すぎる」という意識がまん延しているのでしょうか。それにはAVで観る「何回も女性を頂点に導く性豪」のイメージが影響しているのかもしれません。俺はあんなふうに女をイカせたことはないな―ということは早すぎるのか、と思ってしまうのです。 実際は、AV男優で特に人気男優となると頻繁なセックス、仕事でのセックスで臨機応変に勃起させる必要があるため、ED治療薬や早漏改善薬に頼っている男性も多いようです。

それでも早漏はいやだ、30分以上頑張りたい男性へ

男性たるものやはり女性を満足させるには硬い勃起と持続力でしょう。勃起力の低下と走路傾向は一緒に出やすいため、今ではスーパーPフォースタダポックス、サビトラマックスなど早漏とED(中折れを含む)を同時に解消するお薬が販売されています。 まず、早漏を改善する成分として米国で発表されていらい、国内外の男性クリニックでは定番の早漏治療薬の成分が「ダポキセチン」で、世界初の早漏改善薬はプリリジーと言います。 クリニックでも購入できますが、お薬代が非常に高いため、数分の一の低価格ジェネリック(ポゼットなど)が販売されています。 中折れや勃起不全と早漏を同時に解消するお薬には、バイアグラやレビトラの成分とダポキセチンが贅沢に配合されており、勃起の硬さと持続時間でパートナーを圧倒できた、という体験談が多いお薬です。