ストレス、緊張、不安で勃たないのは心因性ED | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/06/06

ストレス、緊張、不安で勃たないのは心因性ED!

勃起力が最近低下した、最近ぜんぜんダメ・・・という男性は少なくないでしょう。

10代から人生のベテランまで、性欲があるかぎり、ED(勃起不全)は避けられません。 中でも意外と多いのが、「精神的な」要因で発症するED、心因性EDと呼びます。

特に若い男性や働き盛りの男性に多いのがこの心因性EDで、このような種類があります。

  • 初めてのセックスや初めての相手とのセックスなどで過剰に緊張して勃起できない
  • 仕事や家庭のストレス、悩み事が付きまとって勃起力が落ちた
  • 過去のセックスの失敗したつらい経験が不安を呼び、さらにたたない
  • うつ病など精神疾患を患っている、または抗うつ剤を服用している
  • 初めての相手やセックスの経験不足が原因でのEDは10代、20代など若い男性にも多い勃起不全です。

ストレス、緊張、不安などは交感神経を優勢にして、勃起の邪魔を!

緊張や不安というのは自律神経の交感神経を優勢にして、勃起の邪魔をします。

交感神経は「戦闘状態」など張り詰めた状態で優勢になる交感神経のため、そういう時は「勃起している暇はない」と脳が判断して、勃起を遮断するのです。

過去のトラウマ、うつ病なども交感神経を優勢にするため、普段より勃起力が低下するのは自然な現象です。

心因性EDにもED治療薬は効果的です 抗うつ剤を服用している男性でも、病院でバイアグラ、レビトラ、シアリスなどは問題なく処方されます。

そうでない男性も年齢を問わず、ED治療薬やジェネリックED治療薬が高い効果を発揮します。

ただし、心因性EDの場合、少なからず交感神経の勃起への悪影響が出ることがあり、はじめはED治療薬の効果が100%発揮されていないと感じるかもしれません。

そういった場合でも、服用法を正しく守り(なるべく空腹時を選んで服用し、食後すぐなどに飲まない)、成功体験を積み重ねると性行為自体への不安が徐々に低下して、ED治療薬の効果が最大化されることでしょう。

あがり症・極度の緊張を抑えるお薬のご購入

人気商品