ED(勃起不全)と早漏の関係 | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/06/06

男性がまず気にするのが「男の面目」

セックスのときになかなか勃起せず、立ったと思ったらすぐイッてしまう、というのは男性としてはかなりつらい状況です。なにより相手の女性に対して、男として面目ないという気持ちになってしまいます。

セックスの経験が豊富ではない若い男性が風俗などでこういう経験をすると、積極的に女性にアプローチするのがこわくなります。デートが順調にいってベッドまで誘えたとしても、いざというときにそんなことになったらと心配しないわけにはいかないからです。

つきあっている女性とのセックスで、最初からこういうことが何回か続くというのも悩ましい状況です。これからずっとこんなことが続くのだろう、女性はどう思っているのだろうか、と考えるとプロポーズする勇気はとてもでないことでしょう。

なぜマスターベーションのときと違うのか

しかしこのようなケースで言えるのは、どちらも重症のEDではないということです。挿入できるだけの硬さに勃起しなければこういう悩みもないわけですから、その点はひとつの明るい材料です。

マスターベーションのときはスムーズに勃起して、すぐに射精してしまうわけでもないという場合は、問題は「女性とする」ときの心理状態にあるということになります。

勃起と射精はつかさどる神経系統は別ですが、意志の力ではコントロールできない自律神経の作用だという点は共通しています。暑いときは汗がでる、走ると心臓が早く動くなど、自律神経はオートマチックに身体のはたらきを調節してくれる便利なシステムですが、弱点は心の動揺やストレスにすぐ反応してしまうことです。

恥ずかしい思いをすると顔が赤くなりますが、それを意識するとますます顔が赤くなるというのが自律神経のはたらきのやっかいなところです。セックスするときに、立たないのではないか、早くイッてしまうのではないかと心配すると、ますます立ちにくくなったり早くイッてしまったりしがちなのです。

1回の成功体験が次の成功を呼ぶ

こういうききわけのない自律神経のはたらきを矯正するには、成功体験を味あわせることがいちばんです。「スーパーPフォース」は、ED治療薬バイアグラの成分シルデナフィルと、早漏治療薬ポゼットの成分ダポキセチンを1錠に配合した薬です。

セックスの前にこれをのんでおけば、まず勃起については確実に硬すぎるくらいのペニスになります。

早漏防止薬の成分ダポキセチンというのは耳慣れない言葉だと思いますが、これは亀頭で感じた性的刺激がすぐ射精反応に結びつかないように、脳内の神経伝達物質のセロトニンとノルアドレナリンに作用して射精中枢の興奮をしずめるはたらきをする成分です。ED治療薬だけでもある程度の早漏改善効果があることがわかっていますが、これにダポチセキンの効果をあわせることで「頼りがいのある」結果が期待できます。

なるべく薬に頼らないというのは良い心がけですが、ときによりけりです。うまくいかないことが心の負担になってさらに状況を悪化させているようなときは、薬にサポートされてでも成功体験をすることがなによりの改善策になることが多いのです。相手の女性にも、やればできる人なのだということがわかってもらえます。何回かこういう「実績」を積むことで心がストレスから解放されれば、薬をのまなくてよい状況まで改善することはじゅうぶん期待できます。

中高年のED・早漏はまずED治療が優先

じゅうぶんに硬い勃起がえられないときには早漏気味になることがあります。女性との性経験が浅いわけではない中高年の男性にEDと早漏が合併している場合は、EDを治療することで早漏も改善することが期待できます。

中高年のEDや早漏にも精神的なストレスなどが関係していることが多く、これという原因に思い当たらないことがほとんどです。食生活や生活習慣をみなおして体調管理をすること、心をストレスから解放する工夫をすることなどが必要ですが、やはりセックスでの成功体験がないとなかなか改善への道は開けてきません。そのために薬にサポートしてもらうことをためらう理由はありません。

精力低下は軽度のED(勃起不全)で改善できます

EDと言うと、完全に男性器が勃起しないので性行為ができない、または途中で萎えてしまって射精までいけない状況を想像するかもしれませんが、実際は男性が皆経験する「精力低下」は軽度のED(勃起不全)です。

若い頃は元気だったが最近は・・・という経験は皆お持ちでしょう。ED治療薬はそういった精力低下の男性や女性パートナーを満足させる自信が無い男性などの性生活の改善にも利用できます。

勃起不全や勃起力低下の症状によってED治療薬をピルカッターで割って少なめで飲むなど、一度のED治療薬服用量を減らすとは問題はありません。少なめから初めてご自身の勃起改善度をみながら調整できます。

ED治療薬の場合は最大服用可能量を超えたり、1日に1回以上の服用は避けてください

ED(勃起不全)と早漏の関係

男性がまず気にするのが「男の面目」

セックスのときになかなか勃起せず、立ったと思ったらすぐイッてしまう、というのは男性としてはかなりつらい状況です。なにより相手の女性に対して、男として面目ないという気持ちになってしまいます。 セックスの経験が豊富ではない若い男性が風俗などでこういう経験をすると、積極的に女性にアプローチするのがこわくなります。デートが順調にいってベッドまで誘えたとしても、いざというときにそんなことになったらと心配しないわけにはいかないからです。 つきあっている女性とのセックスで、最初からこういうことが何回か続くというのも悩ましい状況です。これからずっとこんなことが続くのだろう、女性はどう思っているのだろうか、と考えるとプロポーズする勇気はとてもでないことでしょう。

なぜマスターベーションのときと違うのか

しかしこのようなケースで言えるのは、どちらも重症のEDではないということです。挿入できるだけの硬さに勃起しなければこういう悩みもないわけですから、その点はひとつの明るい材料です。 マスターベーションのときはスムーズに勃起して、すぐに射精してしまうわけでもないという場合は、問題は「女性とする」ときの心理状態にあるということになります。 勃起と射精はつかさどる神経系統は別ですが、意志の力ではコントロールできない自律神経の作用だという点は共通しています。暑いときは汗がでる、走ると心臓が早く動くなど、自律神経はオートマチックに身体のはたらきを調節してくれる便利なシステムですが、弱点は心の動揺やストレスにすぐ反応してしまうことです。 恥ずかしい思いをすると顔が赤くなりますが、それを意識するとますます顔が赤くなるというのが自律神経のはたらきのやっかいなところです。セックスするときに、立たないのではないか、早くイッてしまうのではないかと心配すると、ますます立ちにくくなったり早くイッてしまったりしがちなのです。

1回の成功体験が次の成功を呼ぶ

こういうききわけのない自律神経のはたらきを矯正するには、成功体験を味あわせることがいちばんです。「スーパーPフォース」は、ED治療薬バイアグラの成分シルデナフィルと、早漏治療薬ポゼットの成分ダポキセチンを1錠に配合した薬です。 セックスの前にこれをのんでおけば、まず勃起については確実に硬すぎるくらいのペニスになります。 早漏防止薬の成分ダポキセチンというのは耳慣れない言葉だと思いますが、これは亀頭で感じた性的刺激がすぐ射精反応に結びつかないように、脳内の神経伝達物質のセロトニンとノルアドレナリンに作用して射精中枢の興奮をしずめるはたらきをする成分です。ED治療薬だけでもある程度の早漏改善効果があることがわかっていますが、これにダポチセキンの効果をあわせることで「頼りがいのある」結果が期待できます。 なるべく薬に頼らないというのは良い心がけですが、ときによりけりです。うまくいかないことが心の負担になってさらに状況を悪化させているようなときは、薬にサポートされてでも成功体験をすることがなによりの改善策になることが多いのです。相手の女性にも、やればできる人なのだということがわかってもらえます。何回かこういう「実績」を積むことで心がストレスから解放されれば、薬をのまなくてよい状況まで改善することはじゅうぶん期待できます。 中高年のED・早漏はまずED治療が優先 じゅうぶんに硬い勃起がえられないときには早漏気味になることがあります。女性との性経験が浅いわけではない中高年の男性にEDと早漏が合併している場合は、EDを治療することで早漏も改善することが期待できます。 中高年のEDや早漏にも精神的なストレスなどが関係していることが多く、これという原因に思い当たらないことがほとんどです。食生活や生活習慣をみなおして体調管理をすること、心をストレスから解放する工夫をすることなどが必要ですが、やはりセックスでの成功体験がないとなかなか改善への道は開けてきません。そのために薬にサポートしてもらうことをためらう理由はありません。

精力低下は軽度のED(勃起不全)で改善できます

EDと言うと、完全に男性器が勃起しないので性行為ができない、または途中で萎えてしまって射精までいけない状況を想像するかもしれませんが、実際は男性が皆経験する「精力低下」は軽度のED(勃起不全)です。 若い頃は元気だったが最近は・・・という経験は皆お持ちでしょう。ED治療薬はそういった精力低下の男性や女性パートナーを満足させる自信が無い男性などの性生活の改善にも利用できます。 勃起不全や勃起力低下の症状によってED治療薬をピルカッターで割って少なめで飲むなど、一度のED治療薬服用量を減らすとは問題はありません。少なめから初めてご自身の勃起改善度をみながら調整できます。 ED治療薬の場合は最大服用可能量を超えたり、1日に1回以上の服用は避けてください