EDと早漏を同時に改善するには? | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/01/12

EDの症状が現れると同時に発症しやすいのが早漏です。勃起力が低下すると射精が早くなるのです。勃起力の低下に悩む男性なら実際に経験されていると思いますが、同時に性の悩みのトップ2が現れるのですから辛いものです。

しかし、EDはED治療薬の到来ですでに悩む症状ではなくなりましたが、早漏もダポキセチンと呼ばれる成分の開発で解消できる時代となりました。

自分はEDでも早漏でもないと思ってませんか?実は、男性の1,2を争う性の悩みがED(勃起不全)と早漏(Premature Ejaculation:プリマチュアイジャキュレーション)です。

まず、EDと言ってもさまざまな症状があるため、自分がEDだとは思ってなくても実は軽度のEDだったという男性は非常に多いのです。また、EDは中年男性の更年期障害や精力低下だと考える方も多いでしょうが、実際はセックス未経験の若い男性、10代、20代、30代から80代の男性まで多岐に及びます。

EDの症状も多々あり、以下のような症状が全てED(勃起不全、勃起障害)とされます。

  • 性的刺激を与えても全く硬く勃起しない
  • 調子が良い時はたまに挿入できる
  • 何とか勃起して挿入できるが、途中で中折れして萎えてしまう
  • マスターベーションでは勃起できるが、本番では十分硬く勃起できない
  • セックス未経験で緊張して勃起できなかった、または途中で萎えた
  • ストレスでうつっぽくて性欲も軽減し、勃起はなおさらだ
  • セックスレスで妻とは立たないが、別の女性では勃起できる
  • アダルトビデオでは興奮して勃起するが、本番では勃起できない
  • 過去には1番に2回、3回とセックスができたが、今では1回がやっとだ
  • 朝立ちが少なくなったか、なくなった

全く勃起しない症状のみがEDではないのです。緊張やストレス、うつ症状で勃起できない症状は心因性EDと言い若い男性から中年男性まで多くが心因性EDです。EDとは様々な状況で発症し、勃起する時としない時があるのもEDです。調子の良し悪しや体調のせいにすると問題を見逃してしまい、できるものもできなくなるのです。

日本だけでも1000万人以上のED男性がおり、初期のED(勃起力低下、中折れを経験など)を含めるとさらに多くの男性が悩んでいると考えられます。

EDの次に多いのが早漏の悩み。男性の半数以上が自信の持続時間に満足していないと言われます。早漏の定義はありませんが、挿入から1分以内に射精したくなる極度の早漏から、何とか10分は我慢できるがそれ以上は・・・という中度の早漏の男性も沢山います。

以前は早漏改善法と言えばタオルでたたいたり、コンドームを2重にしたり、感度を鈍らせる早漏改善スプレーなど、性行為の満足度を落とすような手法が主流でした。

今では早漏を医学的な観点から研究が進み、早漏は亀頭の過敏性ではなく、脳内物質が原因で早すぎる射精感を引き起こすことがわかりました。結果、早漏改善の成分として『ダポキセチン』が開発され、世界初の飲む早漏改善薬『プリリジー』が生まれました。

プリリジーから数年たち、今ではダポキセチン配合のジェネリック医薬品が開発され、値段もプリリジーよりも格段に低価格で購入できるようになりました。
EDと併発しやすい早漏症を1錠で改善するために開発されたお薬には、ED治療薬の成分とダポキセチンが配合されています。

具体的にはバイアグラ成分、レビトラ成分、またはシアリス成分+ダポキセチン薬があります。

1錠では効果が十分すぎる男性も多く、ピルカッターで割って半分やそれ以下から始めると良いでしょう。初回はマスターベーションで効果のほどを確認してから実際の性行為で使用すると安心でしょう。

ED治療薬はこちらからご確認ください>>

EDと早漏を同時に改善するには?

EDの症状が現れると同時に発症しやすいのが早漏です。勃起力が低下すると射精が早くなるのです。勃起力の低下に悩む男性なら実際に経験されていると思いますが、同時に性の悩みのトップ2が現れるのですから辛いものです。 しかし、EDはED治療薬の到来ですでに悩む症状ではなくなりましたが、早漏もダポキセチンと呼ばれる成分の開発で解消できる時代となりました。 自分はEDでも早漏でもないと思ってませんか?実は、男性の1,2を争う性の悩みがED(勃起不全)と早漏(Premature Ejaculation:プリマチュアイジャキュレーション)です。 まず、EDと言ってもさまざまな症状があるため、自分がEDだとは思ってなくても実は軽度のEDだったという男性は非常に多いのです。また、EDは中年男性の更年期障害や精力低下だと考える方も多いでしょうが、実際はセックス未経験の若い男性、10代、20代、30代から80代の男性まで多岐に及びます。 EDの症状も多々あり、以下のような症状が全てED(勃起不全、勃起障害)とされます。
  • 性的刺激を与えても全く硬く勃起しない
  • 調子が良い時はたまに挿入できる
  • 何とか勃起して挿入できるが、途中で中折れして萎えてしまう
  • マスターベーションでは勃起できるが、本番では十分硬く勃起できない
  • セックス未経験で緊張して勃起できなかった、または途中で萎えた
  • ストレスでうつっぽくて性欲も軽減し、勃起はなおさらだ
  • セックスレスで妻とは立たないが、別の女性では勃起できる
  • アダルトビデオでは興奮して勃起するが、本番では勃起できない
  • 過去には1番に2回、3回とセックスができたが、今では1回がやっとだ
  • 朝立ちが少なくなったか、なくなった
全く勃起しない症状のみがEDではないのです。緊張やストレス、うつ症状で勃起できない症状は心因性EDと言い若い男性から中年男性まで多くが心因性EDです。EDとは様々な状況で発症し、勃起する時としない時があるのもEDです。調子の良し悪しや体調のせいにすると問題を見逃してしまい、できるものもできなくなるのです。 日本だけでも1000万人以上のED男性がおり、初期のED(勃起力低下、中折れを経験など)を含めるとさらに多くの男性が悩んでいると考えられます。 EDの次に多いのが早漏の悩み。男性の半数以上が自信の持続時間に満足していないと言われます。早漏の定義はありませんが、挿入から1分以内に射精したくなる極度の早漏から、何とか10分は我慢できるがそれ以上は・・・という中度の早漏の男性も沢山います。 以前は早漏改善法と言えばタオルでたたいたり、コンドームを2重にしたり、感度を鈍らせる早漏改善スプレーなど、性行為の満足度を落とすような手法が主流でした。 今では早漏を医学的な観点から研究が進み、早漏は亀頭の過敏性ではなく、脳内物質が原因で早すぎる射精感を引き起こすことがわかりました。結果、早漏改善の成分として『ダポキセチン』が開発され、世界初の飲む早漏改善薬『プリリジー』が生まれました。 プリリジーから数年たち、今ではダポキセチン配合のジェネリック医薬品が開発され、値段もプリリジーよりも格段に低価格で購入できるようになりました。 EDと併発しやすい早漏症を1錠で改善するために開発されたお薬には、ED治療薬の成分とダポキセチンが配合されています。 具体的にはバイアグラ成分、レビトラ成分、またはシアリス成分+ダポキセチン薬があります。 1錠では効果が十分すぎる男性も多く、ピルカッターで割って半分やそれ以下から始めると良いでしょう。初回はマスターベーションで効果のほどを確認してから実際の性行為で使用すると安心でしょう。 ED治療薬はこちらからご確認ください>>