ED治療薬に関するよくある質問 | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/07/12

ED治療薬を個人輸入で買うと危険なの?

過去に実施された4社合同調査(日本でED治療薬を製造・販売しているファイザー社などの4社)によると、インターネットを通じて購入したサンプルの55.4%が偽造品だったといいます(184サンプルの中、真性品が82、偽造品が102サンプル)。

偽造品の中には本来の成分がまったく含まれていないものや、逆に過剰に含まれているものなどがあったほか、ほとんどのサンプルに健康被害が心配される不純物が混入していたと報告されています。

したがって、インターネットで目についたサイトから手当り次第に購入するのは非常に危険です。これまで偽造品事故などがなかった、信頼できる大手の代行業者を厳選する必要があります。

バイアグラ、レビトラ、シアリスってどう違うの?

バイアグラ、レビトラ、シアリスはどれもPDE5阻害薬と呼ばれるED治療薬で、よく似た性質を持っていますが、独自の特徴もあります。

日本での発売開始年度は、バイアグラ1999年、レビトラ2004年、シアリス2007年の順になっています。また、バイアグラは2014年に特許が切れたので、病院で希望すれば日本製のバイアグラ・ジェネリックを処方してもらうこともできます。

この3つのED治療薬の共通した性質は以下などです。

・性行為の前に服用する頓服である
・陰茎海綿体に多く存在するPDE5という酵素を阻害することでペニスへの血流を促進する作用がある
・服用したから勃起するのではなく、服用後に性的な刺激を受けることで勃起する
・食後より食前の空腹のときの方が薬の効果は大きい
・顔が赤くなる、のぼせる、頭痛がするなどの副作用がある
・硝酸剤(ニトログリセリン)を配合した薬と併用すると重大な副作用が出る

一方で、次のような点では性質が異なっています。

薬の効き目が出たす時間【服用後の効き目】

・レビトラ  15~30分後
・バイアグラ 30~40分後
・シアリス  1~3時間後

薬の効き目が持続する時間【服用後の持続時間】

・シアリス20mg  約36時間
・レビトラ20mg  5~10時間
・バイアグラ50mg 4~5時間

食事に影響される度合い【食事の影響】

・シアリス  効果の持続時間が長く、空腹時に飲んでおけるので影響はない
・レビトラ  あまり脂濃くない食事なら大きな影響を受けない
・バイアグラ 食事の影響を受けるので、空腹時の服用が望ましい

副作用は効き目が出たすのがもっとも遅いシアリスがいちばんおだやかです。勃起の硬さでは、医学的な比較資料はなく個人差がありますが、口コミでは「レビトラがいちばん」という声が多く聞かれます。

世界の市場シェアではED治療薬の代名詞でもあったバイアグラが発売以来1位を占めてきましたが、2013年に初めてウィークエンドピルのニックネームがある効果の持続時間が長いシアリスが第1位になりました。

ED治療薬は毎日飲んでも大丈夫?

ED治療薬のバイアグラ、レビトラ、シアリスはどれも、メーカーの添付文書に「服用の間隔を24時間以上あける」ことが明記されています。これは言い換えると、毎日飲んでもかまわないということです。

「毎日飲んでも大丈夫なのか」と心配になる人を「お盛んですねェ」と冷かすのは簡単ですが、あなたもやってみたらと言われたら、私も含めてたいがいの男性はうつむいてしまいそうです。

ED治療薬は効きが悪いからといって追加で飲んだりするのはNGですが、「毎日セックスするので毎日飲む」というのはまったく問題がありません。「たまたま2,3日そういう機会が続くから」という人ももちろん連日服用してかまいません。

シアリスを服用している人は「24時間あければOK」ということに疑問を持つかもしれません。シアリスの20mgは効果の持続時間が1錠で約36時間、半錠で24時間あるからです。効いているうちにさらにのんでも大丈夫? というわけです。

しかしこれもメーカーではノープロブレムと言っています。ちょっと効き目が強く出る可能性があるが身体に悪影響はないというのです。ただしシアリスの場合は腎臓に障害がある人は48時間以上服用の間隔を空けるように注意書きがあります。

セックスの予定はないがとりあえず毎日飲んでおく。これも「あり」です。そんな奴おらんやろうと思うでしょうが、医者に言われてそうするケースがあります。ED治療薬のPDE5阻害薬は実はED以外の病気にも使用されていて、連日投与という治療法がとられています。

その病気の1つは前立腺肥大症で、シアリスの成分であるタダラフィル5mgが連日投与されます。肺動脈性肺高血圧症という病気でもタダラフィルまたはシルデナフィル(バイアグラの成分)が連日投与されます。また、タダラフィルの連日服用で動脈硬化が改善するという研究もあって、そういう治療法が承認される可能性もあります。

現在ED治療薬はセックスの前の「頓服」という位置づけですが、将来は毎日飲んで血管の若さ(=勃起力)を回復するという使い方も実現するかもしれません。「連日服用」を心配する必要はまったくない薬なのです。

ED治療薬って依存性はあるの?

薬物の依存性とは、以下などの症状を指して言います。

・服用しているうちに同じ量では効果が薄れてくる
・薬の効果が切れると、薬が欲しくなる
・薬を止めたり服用量を減らすと離脱症状(禁断症状)がおきる

ED治療薬として承認されているPDE5阻害薬には上記のどの症状もなく、依存性はまったくありません。

PDE5阻害薬は、性行為の前の「頓服」として服用するほかに、毎日低用量を服用して「EDを根本的に治療する」、「血管機能を向上させる」という使用法も最近承認されました。これは、服用しているうちに効果が薄れるどころか、連日投与によって効果が高まることを示しています。

またED治療薬の使用を止めても、薬に対する渇望がおきることも、離脱症状が起きることもありません。いつでも服用を始められ、いつでも止められるのがED治療薬だと言ってよいでしょう。

ED治療薬の使用に年齢制限はあるの?

日本性機能学会が作成したED治療ガイドラインでは投与対象を「20歳以上の男性」としているだけで、年齢の上限には触れていません。勃起させる意志のある男性は何歳でもED治療薬を使うことができます。

ただし念のために、高齢者がED治療薬を使用するときは次のことに気をつけてください。

ED治療薬が直接心臓の負担になることはありませんが、性行為の激しい動きは心臓の負担になります。勃起したからといって頑張りすぎてはいけません。
過去半年以内に心筋梗塞や脳梗塞などの心臓血管系のイベントを発症した人は、ED治療薬を服用できません。
ED治療薬は飲み合わせで副作用が出る薬があるので、何かの薬を飲んでいる場合は医師に相談してください。とくに心臓の薬の中には併用すると強い副作用を起こすものがあります。

ED治療薬が効かなかったのはどうして?

ED治療薬は服用する患者の80%以上に効果があるという良く効く薬ですが、症状によって、あるいは服用の仕方によっては効果がない場合があります。ED治療薬に効果がない理由としては次のようなものが考えられます。

<<症状によって効果が出ないケース>>
・器質性のEDで、血管機能や神経に重大な障害がある場合
重症の糖尿病、交通事故や手術などによる神経切断、などがこのケースです。

・心因性のEDで、抑うつ症状や心の緊張がとくに高い場合
このような場合は、精神安定剤とED治療薬を併用することで改善するケースがあります。

<<服用の仕方で効果が出ないケース>>
・食後すぐに、とくに脂こい食事の後にED治療薬をのんだ場合
バイアグラではとくにこのケースは効き目が悪くなります。レビトラも脂こい食事は影響があります。

・アルコールを飲みすぎた場合
少量のアルコールはED治療薬の効果を高める働きがありますが、飲みすぎるとまったく勃起しなくなるのは薬を飲んでいないときと同じです。

・まだ薬が効きだしていない場合
シアリスの場合は人によって効果が出るまでに3時間くらいかかることがあります。

・薬の効果が切れかかっている場合
ED治療薬の種類によって効果の持続時間が大きく異なります。最も持続時間が長いのがシアリス(20mgで最長36時間ほど)で、その次にレビトラ、最も短いのがバイアグラで4,5時間と言われます。また薬の効果の持続時間には個人差があるので「自分の持続時間」を知っておく必要があります。

この他、体調によって薬の効果の出かたが違ってくることがあります。

ED治療薬の副作用は?

バイアグラなどのED治療薬はどれもPDE5阻害薬と呼ばれているお薬で、副作用も共通しています。もっともよくみられる副作用は、PDE5阻害薬の血管拡張作用にともなう、顔のほてり、頬の赤み、頭痛です。

バイアグラとレビトラでは、70~80%の人にこれらの副作用が見られます。比較的副作用の少ないシアリスでは20~30%の人に見られます。これらの副作用は服用に慣れるにしたがって軽減していきます。

これらの次によくある副作用としては、鼻づまり、口の乾き、消化不良、動悸、筋肉痛などがあります。バイアグラではものが一時的に青く見えるという副作用がでることがあります。

ED治療薬の保管方法は?

バイアグラ、シアリス、レビトラなどのED治療薬は、机の引き出しや戸棚などの常温の環境で保管できます。とくに湿気が多いとか、高温になる、直射日光が当たるなどの場所を避ければ、冷蔵庫などに入れておく必要はありません。

ED治療薬の錠剤はすべてフィルムコーティングという方法でコーティングされています。コーティングの目的は、湿気や酸素を遮断して成分の変質や劣化を防ぐことです。

ED治療薬の有効成分であるシルデナフィル(バイアグラやジェネリック)、タダラフィル(シアリスやジェネリック)、バルデナフィル(レビトラやジェネリック)は化学的に安定した物質なので、コーティングされた状態であれば、常温で長期の保存が可能です。

病院では2年分も一度に処方してもらうことはありませんが、個人輸入代行を通じてED治療薬のジェネリックを購入する場合はまとめ買いが非常に有利になるので、使用期限も気になります。

ED治療薬の使用期限は2年で設定されていて、パッケージには製造年月と使用期限年月が明記されています。

例えば。

Mfg.Date  Jun.2018
Expiry Date May2018
と書かれていれば、2018年6月製造で、使用期限が2018年5月という意味です。

まとめ買いするときはおよそ1年分くらいを目安に考えれば使用期限を過ぎることはないでしょう。

ED治療薬はバイアグラの100mg錠、シアリス、レビトラの20mg錠またはそれらのジェネリックED治療薬などは、ピルカッターで半分に割って使用することがあります。その場合はコーティングの効果がなくなり、たいへん湿気やすくなるので、密閉できる容器や袋に入れて1~2週間以内に使用するようにしてください。

錠剤を割って服用した残りは、サランラップなどで包んでピルケースなどに入れると湿気を効果的に防げます。

ED治療薬と併用できない薬は?

ED治療薬は硝酸剤ととくに相性が悪く、併用すると重大な副作用を起こします。心臓病の薬、とくに狭心症や不整脈の薬を飲んでいる人は、ED治療薬をのむ前に必ず医師に相談してください。

このほか、抗ウィルス薬や抗真菌薬の内服薬にはED治療薬と併用できないものがあります。服用前に医師に相談してください。

風邪薬はED治療薬と併用しても大丈夫?

風邪薬とED治療薬は併用してもかまいません。ただし高熱がある場合は性行為自体が身体に負担になるので、ムリをしないようにしましょう。

ED治療薬は頭痛薬などの鎮痛剤とも併用できます。

EDに効く市販薬はありますか?

EDに効くと言い切れる、つまり医学的なエビデンスがある市販薬はありません。ED治療薬のバイアグラが発売当時にあれほどの世界的なセンセーションを巻き起こしたのは、初めて勃起不全に確かな臨床成績がある医薬品ができたからです。

バイアグラも、その後に承認されたED治療薬レビトラ、シアリスも、医師の処方が必要な薬なので市販されていません。唯一処方箋なしでED治療薬を購入する方法は個人輸入代行からの通販購入ですが、それ以外の方法でED治療薬を容易に購入することはできないため、市販で買えるED治療薬は存在しないと認識しておいてください。

むかしから「○○ピン」などの効きそうな名前の民間薬や精力剤はありますが、効果はないとも言い切れないし、あるとも言い切れません。

漢方やマムシ、オットセイの睾丸など、男性の精力剤は沢山ありますが、ED(勃起不全)はペニスにある海綿体への血流が悪くなっていることと、勃起を妨げる作用の酵素が働いているため、精力剤では効果を発揮できない分野です。

それらの勃起不全をピンポイントで治療するのがED治療薬であり、それ以外はあくまで漢方の枠を抜け切れず、ED治療とは一線を引く商品と理解してください。

EDに効くぬり薬ってありますか?

男性ホルモンを配合したペニスの塗り薬が市販されていますが、効果があるとは言い切れないし、副作用がないとも言い切れません。メーカーが提供する「評判」はありますが、客観的な「エビデンス(証拠)」がないからです。

塗り薬の中には、絶倫動物のオットセイの皮下脂肪を配合したというものもありますが、これなどは薬と言うより一種の「おまじない」と言うべきでしょう。効くと思えば効く、というプラセボ効果ですね。

使用者によっては精力剤は実際に男性の精力アップにつながるかもしれませんが、EDという勃起不全は病状であり漢方や精力剤では解決できない領域です。EDの原因を医学の観点から改善して硬い勃起を維持させるのがED治療薬であり、精力剤にはEDを治療する成分、シルデナフィル、タダラフィル、バルデナフィルのいずれも配合されていません。