ED治療薬の即効性で比較 | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/06/08

即効性(効きはじめ)でED治療薬を使い分け!

ED治療薬は特徴が異なるため、相性が良し悪しがある。即効性や持続時間を知って、シチュエーションで使い分けよう!

男性の勃起不全(ED)と言っても、全く勃起しない、勃起するけど柔らかくて性行為が困難、マスターベーションでは勃起するがセックスではたたない、セックスの途中でペニスが中折れする、経験不足で勃起するか自身がないなど、非常に多岐にわたるのが勃起不全(ED)だ。

勃起不全(ED)は10代から70代まで、男性皆が経験する症状で、それを改善するのがバイアグラに代表されるED治療薬だ。

バイアグラシアリスレビトラが3大ED治療薬と言うが、成分が異なるので特徴を知るのが大事。あと、ジェネリックと呼ばれる後発薬が沢山販売されているので、オリジナルED治療薬との違いを知るのも必須なんだ。

ジェネリックは効きはじめが遅いの?同じ?

バイアグラ、レビトラ、シアリスには、ED改善成分がそれらと同じ後発薬があると言ったね。普通のお薬にも後発薬があるが、それと同じだ。基本的な有効成分が同じなので、『ほぼ』同等の効果が期待できる。個人差はあるが、満足度は高いのがジェネリックだ。

ジェネリック(後発薬)は、有効成分は同じだが、お薬の製造手順・方法が違う。ED治療薬は製造方法の違いで、作用の良し悪しが意外と影響されるんだ。ジェネリックは勃起力が少し弱いからやはり新薬(バイアグラ・レビトラ・シアリス)が良いという男性もいる。

ちなみにジェネリックED治療薬を製造しているのは、ジェネリック大国として名高いインドの大手製薬会社。アジャンタファーマやサバメディカなど大手製薬ばかりだ。医薬品のコストを下げるにはジェネリックの普及は必須。

バイアグラの成分『シルデナフィル』

クエン酸シルデナフィル(バイアグラの成分)は、個人差はあるが服用後30~40分くらいで効き目が出だして、60分後に効き目がピークに達する。これは3大ED治療薬の中で即効性では2番目だ。ただしこれは空腹時に飲んだときの数字で、食後に飲んだのでは効き目が出だすのにもっと時間がかかるし、効き目自体も弱くなる。

したがって服用のタイミングは、ベットインの30分~1時間前がベストで、しかも空腹の状態でという条件が付く。バイアグラが効かないと言っている人にもっとも多いのは満腹で服用しているケースだ。腹が減っては戦ができないという格言はED治療薬を飲む場合には正しくないと知っておこう。

レビトラの成分『バルデナフィル』

塩酸バルデナフィル(レビトラの成分)は、やはり個人差はあるが服用後15~20分くらいで効き目が出だして、50分後くらいに効き目がピークに達する。3大ED治療薬の中ではもっとも即効性があり、バイアグラより15分前後効き目が早く現れる。

製薬会社がパッケージにライターの炎のイラストを描いているのは「早く火がつく」という意味だ。この15分の差が何ぼのものだという意見もあるだろうが、「ベッドイン直前に飲んでも間に合う」というのは意味のあることだ。あらかじめ飲んでおいて時間がずれて効き目のピークを逃すということがないからだ。どたん場でフラれて薬が無駄になることもない。ただしこの数字も空腹時に飲んだ場合だということを忘れないようにしよう。レビトラはバイアグラより食事の影響を若干受けにくいが、やはり影響はあるのだ。

シアリスの成分『タダラフィル』

タダラフィル(シアリスの成分)は、服用後に効き目が現れるのに1~3時間かかる。3大ED治療薬の中ではもっとも遅く、また個人差が大きいのが特徴だ。したがって即効性が求められるケースでは選択できない薬だ。

タダラフィルのメリットは、その代わり効果が長時間持続することと、食事の影響を受けないこと、顔のほてりや頭痛などの副作用があまりないことだ。ただしタダラフィルはED治療薬の中でも効き目の個人差が大きい薬で、早い人では30分くらいで効き目が出る人もいる。勃起の硬さでも一応いちばんがレビトラで次がバイアグラということになっているが、人によってはタダラフィルのシアリスが一番という場合もある。これは飲んでみて、くらべてみるしか分らない。