ED治療薬の比較 | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/06/06

ED(勃起障害)とは

ED(勃起障害)とは「満足のいく性行為に十分な勃起を達成できない、もしくは維持できないこと」で、日本国内では、重度のED症状(まったく勃起しない)、中等ED症状(しばしばできない、中折れする)を合計すると1,100万人以上と言われています。

そういったED(勃起不全)が原因で性交渉ができない、または性交渉の途中でペニスが中折れして継続できないといった症状を改善するために開発されたED治療薬がバイアグラレビトラシアリスです。

ED治療薬を購入するのはこのような方々です

・年齢が若いのにストレス、過去のセックスでの失敗、自信喪失などで「若年性ED(勃起不全)」なった
・マスターベーションでは勃起するが、セックスとなると勃起できない、または十分硬く勃起しない
・セックスの経験が浅い、または無いため勃起できるか自信がない
・最近、精力や性欲が落ちて、男としての自信を取り戻したい
・彼女や奥様がセックスで満足できていない
・勃起力が落ちてきたからか、早漏気味である(勃起力が高まると、ペニスの過敏が改善され、早漏が改善する傾向があります)
・若い女性と付き合っているが(または関係を持ちたいが)、勃起力や精力に自信がない
・セックスレスを解消したい
・奥様や彼女も少し服用して、性感を大幅に高めたい
・ED(勃起不全)は年齢のせい?

EDというと、男性の更年期障害とも言われ、ある程度の年齢とともに精力や勃起力が弱まり、男性によっては全く勃起ができない人もいれば、勃起力が十分でないためセックスの間に中折れする、または、何とかセックスは射精まで到達できるが相手の女性を十分満足させてない、といったケースがあります。

しかし、ED(勃起不全)は年齢に関わらず、精神的、身体的な原因で多くの男性が経験する勃起障害です。

10代、20代の若い男子にもEDは発症し、若い人のEDを若年性EDと呼びます。若年性EDの多くは、精神的な理由で発症し、過去にセックスを試したが上手くいかず、トラウマになったケースや、単にセックスの経験が浅いため、考えすぎて勃起がなえてしまうケースなどがあります。

若年性EDや通常のEDの場合、数回セックスが上手くいくと、成功した経験がEDの解消に繋がります。考えすぎると勃起ができず、性的興奮を妨げてしまうのです。そのため、ED治療薬の力を借りて硬い勃起を起こし、その勢いでセックスを成功させることがED解消の成功のキーです。

若い男性でEDや勃起力のなさに悩んでいる場合は、ED治療薬でご自身が持つポテンシャルの勃起力を発揮して満足行くセックスを成功させてください。よほど身体的な理由でEDにならない限り、多くの男性、特に若い男性のEDは解消します。