ED治療薬はセックスの不満を解消するお薬です | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/01/16

初のED治療薬であるバイアグラが発売されてからまだ20年たっていないのですから、EDという病気や治療薬についてよく知らない人が多くても不思議ではありません。

また、EDとインポテンツを同じものだと考えて「ペニスが勃起しないわけではないのだから、俺には関係ない」と思っている男性も多いと思います。

しかし、EDとは「勃起しないので膣への挿入ができない」症状・病気のことではありません。それだけではなく、次のような症状もEDに含まれ、ED治療薬で改善することができます。

  • 性交の途中で勃起が維持できなくなる、いわゆる「中折れ」
  • 勃起は維持できるがペニスが以前ほど硬くならない。そのせいか、快感がじゅうぶんでない、あるいは早漏ぎみに射精してしまう、あるいは反対に遅漏ぎみで射精にまで至らない。

中折れからセックスレスになっていませんか?

これらは初期のEDとみなされる症状ですが、だとすると40代、50代の男性でまったくEDの兆候がない人はむしろめずらしいと言ってもよいでしょう。しかし、日本の男性はこれをEDの兆候とは考えず、したがって治療しようとも思わないのが普通です。

むしろセックスの途中で何回か中折れすることがあると、あっさりとセックスレスに入ってしまう男性が多いと思われます。40代、50代の夫婦の半数とも言われるセックスレスの原因に、この初期のEDが関係しているケースは少なくないでしょう。

しかし、ED治療薬は中折れや硬さ不足という程度で「飲んでいい薬」だとしたら、しかも2,3の注意事項さえ守れば、服用に当たってそう心配することがない安全な薬だとしたら、では使ってみようと思う男性も増えるのではないでしょうか。

薬というよりセックスを充実させるためのサプリメントと考えては?

ED治療薬は、挿入可能なくらいに勃起させるというよりは、より勃起を硬くしそれを維持する勃起力をサポートする薬です。より硬くなるときは当然ながらサイズもマックスまで膨張しています。硬くなるためにはより多くの血液がペニスに集中しなければならないからです。

またそれによって、女性ばかりでなく男性自身もしっかりとした手ごたえのある快感を得ることができ、早漏ぎみになんとなく射精してしまうというメリハリのないセックスの予防にもつながります。中折れしないという自信が早漏をことも考えられます。

つまりED治療薬はできるだけ飲まずにすましたい薬というよりは、早めに飲んでセックスを充実させ、結婚生活を充実させるのに役立たせたい薬なのです。

ある程度セックスに満足している男性も、少量を服用することでこれまでにない力強い勃起持続、射精後のスピーディーな回復による複数回のセックスが可能になり、よりセックスライフの充実につながります。

また、勃起時のサイズに不満を持つ男性は多いですが、ED治療薬により普段より硬い勃起ができることで、勃起時のサイズが大きくなることが普通です。コンドーム着用時に普段よりきついと感じる男性も多く、パートナー女性もそのように感じる場合が多いようです。

ED治療薬はこちらからご確認ください>>