ED治療薬を飲む際はここに注意 | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/08/15

硝酸剤との併用は絶対に避ける

ED治療薬に関してもっとも重要な注意は、「心臓の薬として使われる硝酸剤・ニトログリセリンを配合した薬を飲んでいる人はED治療薬を飲めない」ということです。どちらも血圧を下げる作用がある薬なので、併用すると血圧が下がりすぎて生命にかかわる場合もあります。

この注意さえ守ればED治療薬はたいへん安全でよく効く薬です。もう1つ生命に関わることがあるとすれば、心臓病などで医師に性行為を禁じられている人がED治療薬を飲んでセックスすることです。しかしこれはED治療薬についての注意というより、心臓病についての注意事項というべきでしょう。

空腹時の服用が効果を高める

薬の効果を高めるための注意としては、「空腹時に服用する」ということがもっとも大切です。胃に食物があるときは薬の成分が血液に吸収される速さや効率が下がり、薬が効きにくくなります。とくに脂こい食事をした後は胃の壁に脂がコーティングされた状態なので、薬の効き目が悪くなります。

薬の効果を100%出すためにはED治療薬は空腹時に飲む必要があります。食後に飲むときはふつうの食事で2時間以上、脂肪分の多い食事の後は3~4時間空けるようにしてください。

食事の後にベッドインというデートコースをくずしたくないときは、食事の30分前に薬を飲んで成分を身体に吸収してしまってから食事をするという方法もあります。ただしその場合は、あまりゆっくり食事をしていると薬の効き目のピークが過ぎてしまう恐れがあります。

シアリス系(シアリス、タダシップ、メガリス、タダリス、エキシラー)のお薬は作用が長時間続くため、早めに空腹時に飲んで成分を吸収しておきましょう。

薬が効き始めるまでの時間と効果の持続時間に注意

ED治療薬でも、薬によって効き始めるまでにかかる時間が異なります。日本の病院であつかっているED治療薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類ですが効き始めるまでのかかる時間はそれぞれ次のとおりです。

・バイアグラ  服用後30分から45分
・レビトラ   服用後15分から30分
・シアリス   服用後60分から120分

また、効果の持続時間も薬によって次のような違いがあります。

・バイアグラ  3~5時間
・レビトラ   4~8時間
・シアリス   24~36時間

バイアグラとレビトラは同じような持続時間ですが、シアリスは長時間作用が持続するのが特徴です。

長期服用による悪影響や依存性の心配はありません。

逆によくある心配だけど、しなくてもいいものには次のようなことがあります。

・飲み続けるとだんだん効かなくなってくるのではないか
・長期間服用するとすぐにはやめることができないのではないか
・長期服用は身体に悪影響があるのではないか

最近はED治療薬のED以外の病気への応用が広がっています。例えば2014年には日本でも前立腺肥大の治療薬として保険適用が承認されています。動脈硬化の治療薬としての使用も研究されています。これらは毎日長期間にわたって薬を服用する治療になります。