ED治療薬アバナフィルの効果・服用方法 | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/06/11

最新の注目ED治療薬、アバナフィル!

ステンドラ、アバナの有効成分はアバナフィルという物質だ。作用は他のED治療薬と基本的には同じでPDE5阻害薬に属している。つまり勃起のじゃまをするPDE5という酵素の働きを抑えてペニスへの血流を促進する働きをする薬なのだ。

しかし、第4のED治療薬というだけではパンチ不足で先行3薬のシェアに食い込むのは難しい。そのウリは、『薬の効き目』が出だすのが一番早いことと、『食事の影響』をバイアグラ、レビトラよりも受けない、という2点だ。

レビトラはバイアグラより効き目が早く出ることをウリにデビューしたが、アバナフィルはそれよりも即効性をうたっている。しかし、レビトラで飲んでから15~30分で効きだすのだから、それ以上早いと言っても大差ないとも言える。

しかし、先行3薬でもメーカーがアピールすること以外に個人による使用感の違いがあり、それぞれのファンもいるわけだから、アバナフィルにも使う人によってのメリットがあり、ファンができる可能性ももちろんある。

アバナフィルの効果・作用は?

アバナはセックスの30分前に飲んでおけば充分間に合う。空腹時なら15分以内に効いてくる人もいるだろう。服用後45分くらいに効き目のマックスの時間帯が訪れて、その後4~5時間かけて薬の効き目はゆっくり降下していく。この時間帯なら適当な性的刺激でペニスはほぼ間違いなく硬く勃起してくれるはずだ。

アバナフィルはこんな人に効く

アバナの特徴を一言でいうなら、女性の服を脱がせてベッドインさせてから飲んでも間に合うED治療薬だ。メリットはどたん場で女性にフラれて、飲んだ薬がムダになったりしないことだ。予定がずれて効き目が薄くなってから突入しなければならないということもない。ED治療薬は24時間以上空けないと次の薬を飲むことができないから、このメリットもバカにはできない。

アバナフィルの効果的な飲み方

アバナは食事の影響を受けにくいと言われるが、やはり100%の効き目が現れるのは空腹時の服用だということは覚えておこう。また、100mg錠は空腹時なら2分の1の50mgでもじゅうぶん効果がある人もいる

用量や食事との関係はふだんから試しておいて、いざというときに失敗しないようにしたいものだ。アバナは先発薬のステンドラより大幅な低価格になっているが、50mgで充分な人が100mg飲むのはムダである。アバナは症状によって200mgまで服用できる。

アバナフィルはここに注意

アバナフィルも先行3薬と同じで、ニトログリセリン系の薬との併用は絶対のタブーだ。併用すると血圧が下がりすぎて生命にかかわることもある。よくある副作用もバイアグラなどとおなじ、顔のほてりや赤み、頭痛などだ。これは薬の血管拡張作用にともなうもので、飲み慣れると軽減することが多い。