ED治療薬バリフの効果・服用・使用上の注意 | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/06/11

目次

バリフ(Valif)について

バリフはインドの大手製薬会社である、*AjantaPharma Ltdが製造販売する、ED治療薬です。

ED治療薬として広く用いられている「レビトラ」のジェネリックであり、有効成分もレビトラと同じバルデナフィル塩酸塩水和物20mgが含有されています。

ジェネリック医薬品であるので、先発医薬品と同じ効果を持ちながら価格においてメリットのあるお薬なのです。

効果はバルデナフィル塩酸塩水和物が勃起を妨げる酵素であるPDE-5に拮抗することで、勃起状態を持続させるお薬となります。

服用することによりED改善のみならず、勃起力の強化、持続時間の延長も一部では認められており、性生活の向上に役立ちます。

飲み方は、1日1回バルデナフィルとして10mgを、性行為の約1時間前に服用するようにしてください。

食事の影響は受けにくい薬剤ですが、空腹時の方が吸収が良いことが分かっています。

バリフの効果は服用後20~30分程度で発揮され、10mg錠で約5時間、20mg錠で約8〜10時間持続するといわれています。

心臓の病気や脳の病気、肝臓の病気などをお持ちの方では、バリフなどのPDE-5阻害薬の服用が禁止されている場合もあるので注意が必要です。

併用が禁止されている薬剤も多いので、現在薬物治療を受けている方では専門家の判断を仰ぐようにして下さい。

*Ajanta Pharma Ltdのウェブサイトはこちら

バリフの処方・購入方法

バリフは海外からの個人輸入のみで手に入る医薬品であるので、医師の処方箋や薬局を含めた、正規ルートで購入をすることはできません。

実際に直接海外とやり取りをすることも可能ですが、外国語でのメールや国際間送金の必要性があるので、ハードルは高いと言えます。

現在では個人輸入代行業者などを利用することで、特に難しい手続きは必要なく、手に入れることが可能となっています。

一部の業者などでは粗悪な偽物を取り扱っているお店もあるので、くすりエクスプレスのような信頼のおける業者を利用するようにしましょう。

バリフの処方

日本の医療機関で、レビトラのジェネリック医薬品であるバリフを処方してもらうことはできません。

先発医薬品のレビトラであれば医師に処方してもらうことは可能です。バリフを処方できない理由として、日本でバリフを製造販売する承認が得ていないためです。

承認を得ていないと日本で医薬品としての扱いを受けられず、処方せんを発行することができません。

バイアグラのジェネリックであるシルデナフィルの成分は日本で承認されており、各ジェネリック医薬品メーカーが製造販売しています。

今後、レビトラのジェネリックが日本でも販売されるかもしれません。

バリフの入手方法

バリフの入手方法は、現在のところですが当ストアなど個人輸入のみ可能です。個人で直接購入または輸入代行業者を介して購入します。

当ストアでバリフをご購入いただく場合はバリフ商品ページをご確認ください。

個人輸入のメリットは、日本で使用できない薬を自己疾病の治療の目的で使用できることです。

薬の値段は、国ごとに決められていますので、安く購入できる場合もあります。

一方、デメリットは、仮に副作用を引き起こしたとき、国の医薬品副作用救済制度を受けることができません(医薬品副作用救済制度:日本の認可のおりた医薬品の使用にて、入院治療により重篤な副作用が生じた場合、医療費や年金を給付される制度のこと)。

そのため、自己責任での購入ですので薬の副作用や使用経験に基づいての理解が必要です。

個人輸入代行業者などを利用することで、簡単に入手可能です。

一部の業者では偽物や不衛生な環境で製造した製品を仲介しております。購入する際は注意するようにしてください。

バリフが処方されない理由

バイアグラやレビトラは薬価収載ではないものの、国内における製造販売の認可を取得しています。

これにより、医師の処方箋によって交付を受けることが可能となっています。

一方で、バリフはレビトラのジェネリック医薬品であり、先発医薬品の有する特許の関係から製造販売の認可を受けていません。

よって、国内では医師の処方によって交付を受けることは出来ないのです。

いずれはレビトラの国内の特許が切れることにより、ジェネリック医薬品の製造販売が解禁される可能性はあるので、将来的には国内でも処方を受けることが出来る可能性はあります。

バリフ体験談

くすりエクスプレスではレビトラジェネリック医薬品のバリフに限らずED治療薬をお使いになったユーザー様から多くの体験談をいただいています。

実際に当ストアからバリフや他のED薬を通販された方の多くが、口コミや体験談を読まれて購入に至ったという男性が多いのです。

特にバリフはインドの製薬メーカーが製造する海外ジェネリック医薬品のため日本国内のクリニックでは処方されることがありません。

そのためバリフを手軽に購入することができないため実際に使った男性の体験談は非常に貴重ですね。

レビトラと比較して効き目や強さ、副作用はどう違うのか。持続時間は同じくらいなのかなど気になるポイントは多いです。

こちらではバリフを購入した男性の体験談をご紹介します。

それ以外にも同等商品のサビトラやジェビトラ、もちろん先発薬レビトラの体験談も参考になると考えますので、関連ED治療薬の体験談も同時にご紹介します。

この方はご自身用にバリフを購入し、パートナー女性向けにラブグラという女性用のバイアグラを購入された男性です。

女性パートナーは体験談をいただいた時点で70歳の方ですが、今までにない性行為に非常に満足されたようです。

男性ももちろんバリフの効果が覿面に現れ有意義なお時間を過ごされています。

バリフ(バルデナフィル)とラブグラ(女性用バイアグラ)の体験談はこちらから。

すぐ効く・硬度も定評!レビトラ ジェネリックのバリフ!

バリフはED治療薬の御三家の1つ「レビトラ」のジェネリック医薬品で、例によってインド製だ。

インドでは薬の特許についての考え方が日本や欧米と違うので、特許の切れていない薬でもジェネリックがあるという不思議な現象が起きる。

ただしバリフを製造しているアジャンタファーマ社は国際的にも信用のある製薬会社だから製品の質に心配はない。

バリフなどレビトラの系列のED治療薬は服用後30以内に薬の効果が現れるのが特徴で、分りやすく言うとベッドイン直前に飲んでもそうパートナーを待たせる心配がない薬だ。

空腹時に飲まないと効き目がわるくなるというED治療薬の欠点もバイアグラよりは小さい。しかし空腹のときの方がよく効くことに変わりはない。

バリフの成分バルデナフィル

バリフの成分は、バルデナフィル塩酸塩水和物(Vardenafil Hydrochloride Hydrate)と呼ばれています。

シルデナフィル(バイアグラの成分名)に続いて使用が可能となった、2番目のED治療薬です。

構造式はシルデナフィルに非常に類似していますが、一部が異なる構造を持っています。

これにより、シルデナフィルの欠点であった、体内への吸収性を改善しているのです。

服用において、食事の影響を受けることが少なくなったので、服用しやすいお薬として人気があります。

また、臓器選択性も高く、陰茎を中心に作用するため、全身性の副作用が少ないことも特徴の一つなのです。

分子式はC23H32N6O4S・HCl・3H2Oで表され、分子量は579.11です。
特性は、エタノール(99.5)又は水にやや溶けやすいとされています。

バリフ以外のレビトラジェネリック

バリフ以外にも、バルデナフィル塩酸塩を含有するジェネリック医薬品は、複数の海外メーカーから発売されています。

ただし、日本国内では成分のバルデナフィルの特許が切れていませんので、ジェネリック医薬品は販売されていません。

ジェネリック医薬品は有効成分は共通ですが、含まれる添加物については異なる場合があります。

添加物によってはバルデナフィル自体の溶解性に影響を及ぼす場合もあり、吸収性が変わってしまう可能性も考えられます。

現状バリフで効果と副作用のバランスが良い場合であれば、無理に他の薬剤に変更する必要は無いでしょう。

また、ジェネリック医薬品では有効成分が同一であれば、異なる剤形として発売することも認められています。

溶けやすい製剤やゼリー状の服用しやすい製剤など、ユニークな剤形を持つものもあるので、錠剤が苦手な方は候補に入れると良いでしょう。

バリフとカマグラゴールドの違い

バリフとカマグラゴールドは、それぞれ有効成分が異なる薬剤です。

バリフはバルデナフィル塩酸塩を、カマグラゴールドはシルデナフィルを有効成分としています。

先発医薬品はレビトラとバイアグラで、レビトラは世界で2番目に、バイアグラは世界で1番目に発売されたED治療薬です。

シルデナフィルは世界初のED治療薬として脚光を浴びましたが、吸収が悪く食事との影響がある薬剤でした。

バルデナフィル塩酸塩はシルデナフィルを基にした薬剤であり、シルデナフィルの欠点であった吸収性が改善されています。

よって、服用した際の吸収が良く、食事の影響を受けにくいという特徴があります。

また、副作用についても、頻度は大きく変わらないものの、バルデナフィル塩酸塩の方が程度が軽いというデータもあるので、バリフの方が使いやすい薬剤として知られています。

これら2種類の薬剤については、強さや効果の長さについては大きな違いは無いと言われているので、バルデナフィル塩酸塩の方がメリットはあると考えられます。

バリフの効果

バリフはED治療薬であり、陰茎に対して効果を発揮します。

効能・効果は、「勃起不全(満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ない患者)」です。

その効果はEDの改善にとどまらず、勃起力の強化、持続時間の延長、性行為の回数の増加という効果を期待することもできるのです。

服用することで絶えず勃起状態が続くと考えている方もおられますが、性的なリビドーがない場合や、陰茎に対する適切な物理的刺激がない場合には、勃起は起こりません。

また、性欲を増大させる効果はないので、媚薬や精力剤のような用い方はできません。

そのほか、陰茎を持たない女性にも、効果はないことが分かっています。

完全にEDでない方であってもバリフは効果を発揮することが分かっています。

勃起力が以前より落ちた、不安やストレスによって勃起しにくくなった、回復力や持続力が以前よりも落ちたという場合においても、効果が認められている薬剤なのです。

複数回の性行為をしたいという場合にも、バリフは効果を発揮するのです。

バリフの効果は、服用後20~30分程度で発揮されます。

効果発現時間は10mg錠で約5時間、20mg錠で約8〜10時間と言われているので、性行為の1時間程度前に服用するようにしましょう。

PDE5阻害薬としてのバリフ

現在販売されているED治療薬はすべてPDE5阻害薬といわれる薬だ。

これは勃起のじゃまをするPDE-5という酵素の働きを抑制することでペニスにスムーズに血液を送りこみ、硬く勃起させる作用がある。

ストレスや男性ホルモンの低下、あるいは生活習慣病など、どのような原因で生じたEDにも確かな効き目を表す。

挿入するのには少し固さ不足とか、セックスの途中で萎えるなど、EDの初期症状というべき多くの男たちの悩みに確実に応えてくれるのだ。

バリフの効き目の早さ

バリフはED治療薬の中でも効き目が早く、20~30分で効果が出ると言われています。

類薬であるバイアグラ(シルデナフィル)も30分程度で効果を発揮するといわれていますが、吸収が悪いため、食事などの影響によってはさらに時間がかかってしまうと考えられます。

バリフは吸収が良い薬剤であるので、食事の影響を受けにくいことが分かっています。

また、ED治療薬の中でも持続的に効果を発揮することのできる薬剤として、シアリス(タダラフィル)が知られています。

シアリスでは服用後1~2時間で効果が出始め、3時間でピークに達するといわれています。

即効性を期待するのであれば、バリフを選択した方が良いでしょう。

バリフの効果は20~30分で発揮されるといわれていますが、効果は数時間に及ぶので直前に飲むのではなく、性行為の1時間程度前に服用する方が良いと考えられます。

バリフの持続時間

バリフの持続時間は10mg錠で約5時間、20mg錠で約8〜10時間と言われています。

十分な効果を発揮するためにも、性行為の1時間程度前に服用するようにしましょう。

夜に服用した際には、朝になると効果はなくなっていること一般的ですが、副作用のみが残ってしまう場合があります。

時間が経過しても副作用が改善しない場合には、専門家に相談するようにしてください。

ED治療薬として作用時間が長い薬剤としては、シアリス(タダラフィル)が有名です。

シアリスでは服用後、最大で36時間効果を発揮することが分かっている薬剤です。

持続時間の長い薬剤を希望する場合は、これらの薬剤を検討すると良いでしょう。

一方で、シアリスは効果は比較的マイルドであると言われているので、短期間でガツンと効いてほしい場合には、バリフの方が良いと考えられます。

健全な方のバリフ服用

完全にEDでない健全な男性の場合には、バリフの服用は出来るのでしょうか?

バリフはEDの程度が軽い場合は、また完全にEDでない場合であっても、服用することが可能です。

勃起力が以前より落ちた、不安やストレスによって勃起しにくくなった、回復力や持続力が以前よりも落ちたという場合においては、バリフを服用することで改善する場合も多く、効果が認められている薬剤なのです。

複数回の性行為をしたい場合にもバリフは効果を発揮するので、非常に有用となるでしょう。

ただし、健康的に問題がある場合や、服用しているお薬が禁忌薬でないことが必要であるので、不安がある場合には専門家に相談するようにしてください。

バリフの飲み方

バリフの飲み方は、1日1回バルデナフィルとして10mgを性行為の約1時間前に経口投与するようにしてください。

10mgの投与で十分な効果が得られない場合には、20mgに増量することが認められています。

65歳以上の高齢者や中等度の肝障害のある方では、5mgから服用を開始して、最高でも10mgとするようにして下さい。

作用は10mgで服用後約5時間、20mgで服用後8~10時間持続すると言われています。

なお、1日につき服用は1回を限度として、投与間隔は24時間以上空けるようにして下さい。

服用する際には、食事の影響を受けにくいことが分かっていますが、油分の多い食事や大量の食事を摂る際には、食事とずらして服用することで効果の減弱を防ぐことが可能です。

使用前には医師と相談を受けてその指示の元、正しい用量を服用します。

バリフの食事の影響

バイアグラ(シルデナフィル)などの従来のED治療薬は、食事に影響を受けることが欠点と言われていました。

性行為は夕食後~就寝前の間に行われることが多く、食事と近いタイミングでお薬を服用しなくてはならず、食事の影響を受けない薬剤の登場が望まれていたのです。

バリフでは食事の影響は受けにくいことがわかっていますが、標準的な食事(総エネルギー中における脂肪の割合が約30%)である場合において、吸収に変化が無いことがわかっています。

(製造販売を行っているメーカーの資料より)

極端に油分などの脂肪の多い食事の場合では、吸収が悪くなるおそれがあります。

油分が多い食事の場合は、食事の30分以上前か、2時間後に服用するようにしましょう。

また、食事の量が極端に多い場合でも、吸収が遅くなることが分かっています。
その場合には、30分以上の間隔をあけて、食事よりも前に服用するようにしましょう。

バリフの効果的な飲み方

バリフ20mgはピルカッターで割って半分にして飲んでも効く場合が多いから、試してみよう。

硬さではバイアグラより上だという声が多いのがバリフなどレビトラの系列の薬だ。

食事から2時間は空けて飲まないと本当の効果は出ないから注意しよう。

空腹でベッドインするのは嫌だという場合は、食事の30分くらい前にバリフを服用して、軽めの食事を済ませてからベッドインするという方法もある。その場合もあまり脂こい食べ物は避けた方が良い。

お酒は少しくらい飲んでもバリフの効果にわるい影響はまったくない。

ED治療薬の服用方法はこちらを参考にしてください。

バリフは空腹時に服用

バリフは、先に発売されたバイアグラ(シルデナフィル)に比べると、食事の影響を受けにくいことが知られています。

しかし、空腹時に服用する方が吸収は良いため、より早く効果が出てほしい場合や、100%の効果を期待する場合には、空腹時に服用するようにしましょう。

「空腹時」とは、おなかの中に何も入っていない状態を指し、食べ物に影響を及ぼす薬剤については、このような指示がなされています。

具体的には、食事の30分以上前もしくは、食後2時間以上経過してから服用するようにしてください。

バリフでは標準的な食事(総エネルギー中における脂肪の割合が約30%)である場合において、吸収に変化が無いことがわかっています。

(製造販売を行っているメーカーの資料より)

特に油分の多い高脂肪食であれば影響が大きいといわれています。

脂肪分の少ない食事や、少量の食事であれば、比較的影響は少ないと考えられます。

バリフ服用とアルコール

従来のED治療薬では、アルコールや食事と同時に服用することで影響を受けることが知られていました。

バリフではアルコールや食事との関係性が改善されており、適量であれば服用する際にアルコールを飲んでいても問題はないと考えられます。

アルコールには血流をよくする効果や、緊張をほぐすリラックス効果もあることがわかっています。

薬剤の効果に影響を与えない程度の適量の飲酒であれば、ED治療にプラスに働くことも考えられます。

しかし、飲酒量があまりに多いと、バリフといえども影響を受けてしまいます。

また、アルコールを飲むことでお酒の強さやEDの程度に関係なく、勃起力そのものが低下してしまうので、過剰な飲酒は控えるようにしてください。

バリフ服用の注意点

バリフやレビトラは効き目が早く出る分、顔のほてりや頭痛などの副作用が多少バイアグラなどより強く出ることが多い。

しかし飲み慣れると軽くなることが多いようだ。

それより気をつけなければいけないのは、狭心症の治療などに使われるニトログリセリン系の薬を絶対に併用しないことだ。

併用すると血圧が下がりすぎて命にかかわることもある。

使用上の注意

バリフに代表される各種ED治療薬では、併用をしてはならない薬剤がいくつか指定されています。

バリフよりも先に発売された、バイアグラ(シルデナフィル)というお薬は発売当初は「夢の薬」と言われ、販売されていなかった国内においても個人輸入業者の手によってもたらされました。

専門家の判断を受けずに自己判断で服用した際に、一部の薬剤を服用している患者様においては、死亡を含む重篤な副作用が起こってしまいました。

本剤以外にに薬物治療を受けている方では、服用する際に注意が必要です。

また、脳や心臓の病気をお持ちの方や、肝臓や腎臓の機能が低下している方についても、注意が必要となります。

併用が禁止されている薬剤も多いので、疾患の治療などで併用薬がある場合には、注意をしてください。

既往歴によってはバリフを含むED治療薬が適さない場合もあるので、専門家の判断を仰ぐようにしてください。

バリフを服用の際には、適度な飲酒は問題はないとされています。

適度な量であれば、リラックス効果を高めることもあるので、効果が増強したという症例もあるのです。

しかし、過度の飲酒によっては効果が発揮されない場合があるので、飲酒量には気を付けるようにしましょう。

また、アルコールの影響によって薬剤の効果が増強したり減弱する場合もあります。

服用していないときに比べて体調変化があるようであれば、服用を中止して医師に相談するようにしてください。

バリフの併用禁止薬

バリフと飲み合わせのよくないお薬があります。

  • ニトログリセリン・バソレーター・ミオコール・ミリステープ・ニトロダームTTS・ミニトロテープ・メディトランステープ(ニトログリセリン)、ニトロール・フランドル(硝酸イソソルビド)、アイトロール(一硝酸イソソルビド)、シグマート(ニコランジル)等の硝酸剤、一酸化窒素(NO)供与剤を服用している方。
  • アミサリン(プロカインアミド)、リスモダン(ジソピラミド)、リスモダンR(リン酸ジソピラミド)、硫酸キニジン(キニジン)、シノベール(シベンゾリン)、ピメノール(ピルメノール)、アンカロン(アミオダロン)、ソタコール(ソタロール)、シンビット(ニフェカラント)の抗不整脈薬を服用中の方
  • 以下のお薬は、バリフとの併用により、バリフの作用が過剰になります。血圧が低下するなど危険な状態になる可能性があるので服用しないでください。
    • ノービア(リトナビル)、クリキシバン(インジナビル)、アタザナビル(レイアタッツ)、インビラーゼ(サキナビル)、レクシヴァ(ホスアンプレナビル)、カトレア(ロピナビル・リトナビル)、ヴィキラックス(オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル)、プリジスタ(ダルナビル)、テラビック(テラプレビル=販売中止)、ケトコナゾール(=外用剤を除く)、イトリゾール(イトラコナゾール)、コビシスタット含有製剤のスタリビルド(エルビテグラビル、ゲンボイヤ、プレジコビックス)を服用中の方
  • アデムパス(リオシグアト)を服用中の方は血圧の低下が起こるので、バリフを使用することはできません。

バリフを飲めない人

バリフは、下記の方については服用を固く禁じられています。

禁止されている薬剤は非常に多いので、併用薬がある場合には専門家の判断を仰ぐようにしてください。

  1. 本剤の成分(バルデナフィル)に対し過敏症の既往歴のある方
  2. 硝酸剤、一酸化窒素(NO)供与剤を服用している方
  3. 心血管系障害を有するなど、性行為そのものが不適当と考えられる方
  4. 先天性QT延長患者(QT延長症候群)、クラス1A群またはクラス3群の抗不整脈薬を服用中の方
  5. 脳梗塞・脳出血・心筋梗塞の既往歴が6カ月以内にある方
  6. 重度の肝障害のある方
  7. 血液透析が必要な腎障害、低血圧または未治療の高血圧(170/100mmHg以上)、不安定狭心症のある方
  8. リオシグアト、CYP3A4を阻害する薬剤(リトナビル、インジナビル、アタザナビル、サキナビルメシル酸塩、ホスアンプレナビル、ロピナビル・リトナビル、オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル、ダルナビル、テラプレビル、ケトコナゾール(外用剤を除く)、イトラコナゾール、コビシスタット含有製剤)を服用中の方
  9. 網膜色素変性症の方

バリフと併用禁止薬

バリフと併用をしてはならないお薬は多いので、薬物治療を受けている方では注意が必要です。

具体的には硝酸剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジルなど)という心臓のお薬、HIVの治療薬、内服の抗真菌薬(イトラコナゾール、イトリゾール など)、抗不整脈薬(シベノール、アンカロン、リスモダン、アジマリン、アミサリン、キニジンなど )、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬などが挙げられます。

また、薬剤の代謝を担う酵素に影響を与えることもわかっているので、CYP3A4を阻害する薬剤(ケトコナゾール(外用剤のものを除く)、イトラコナゾール、コビシスタット、リトナビル、インジナビル、アタザナビル、サキナビルメシル酸塩、ホスアンプレナビル、ロピナビル・リトナビル、オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル、ダルナビル、テラプレビル)、アデムパス(リオシグアト)を服用中の方も本剤との併用はしないようにしてください。

その他にも、併用が禁止ではありませんが、注意が必要な薬剤として、α遮断薬(ハルナール、フリバス、 カルデナリン、ユリーフ、ドキサゾシンなど)、降圧薬全般(アムロジンなど)、CYP3A4を誘導する薬剤(リファンピシン、ボセンタンなど)、急性心不全治療薬(カルペリチド)なども、注意が必要な薬剤となります。

これらを服用中の方においては、専門家の判断を仰ぐようにしてください。

降圧剤を服用中の方のバリフ服用

降圧剤(血圧を下げるお薬)を飲んでいる場合には、バリフの服用は出来るのかを説明します。

一般的な降圧剤の中で、バリフの禁忌薬として指定されているものはありません。

実際の医療機関においても、ほとんどの場合では問題なくレビトラ(バリフの先発医薬品)が処方されているので、服用をしても問題はないと考えられます。

ただし、バリフは血管拡張作用を有するため、一過性の軽度な血圧低下があらわれる場合があることがわかっています。

重大な循環器系の病気を持っている場合には、服用する前に主治医に相談するようにしましょう。

また、血圧に異常がある場合で治療を行っていない場合には、専門家の判断を仰ぐようにして下さい。

心臓病で硝酸系以外の薬剤を服用中の方

心臓病で硝酸系以外の薬剤を飲んでいる場合には、バリフの服用は出来るのでしょうか?

バリフとの併用薬において、硝酸系の薬剤やNO供与剤は死亡例も複数報告されており、絶対的に服用をしてはならないとされています。

また、クラスIA群(キニジン,プロカインアミド等)またはクラスⅢ群(アミオダロン,ソタロール等)の抗不整脈薬を服用している方についても、相互作用の問題から絶対的に服用をしてはならないとされています。

一方で、心臓系に作用する薬剤はここに挙げたものに限らず、これら以外の薬剤が処方されることも珍しくはありません。

添付文書に則って考えれば、これら以外の薬剤については、直接的な影響はないと考えられているのです。

ただし、「心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者」も禁忌とされているため、本人の体質や疾患の重症度によっては服用することが出来ない場合もあるのです。

心臓病は命にかかわる病気であるので、バリフを服用する際には、医師に確認をするようにしてください。

糖尿病のお薬とバリフ服用

糖尿病でお薬を飲んでいる場合には、バリフの服用は出来るのかを説明します。

糖尿病の治療において、インスリン製剤や各種の血糖降下薬をお飲みの方でも、バリフの服用は問題ないと考えられています。

ただし、糖尿病が進行することで糖尿病性ED(糖尿病性勃起障害)という合併症を発症することがあるとわかっています。

糖尿病によって高血糖状態が続くと、神経繊維の密度が低下してしまい、神経内部が低酸素状態に陥ってしまいます。

これにより、陰茎海綿体に分布する神経が障害を受け、陰茎知覚が鈍くなることから、EDとなってしまうのです。

現代の日本では食生活の変化や生活習慣の変化を背景に、糖尿病患者が急速に増えています。

特に40代以降の方では罹患率も高く、予備軍を含めれば中高年の4人に1人が糖尿病のリスクを抱えていると考えられているのです。

糖尿病性EDにおいては、バリフやレビトラを服用したとしてもEDが治らないということがわかっているので、糖尿病性EDであるのか、加齢による性機能の減退であるのかをしっかりと見極めなくてはなりません。

前立腺肥大で治療中のバリフ服用

前立腺肥大症の治療中の場合には、バリフの服用は出来るのかを説明します。

前立腺肥大症で治療中の方においても、バリフは服用が可能な薬剤となっています。

男性では年齢に伴い、ほとんどの方が前立腺肥大の症状を呈します。

前立腺肥大は良性の腫瘍ですが、排尿障害などを伴う場合には「前立腺肥大症」として、治療が必要となるのです。

前立腺肥大症に伴う下部尿路症状によっては、骨盤内の局所的な貧血が原因となって、EDの症状を発症することが知られています。

前立腺肥大症によるEDにおいても、バリフなどのPDE-5阻害薬の効果が認められているのです。

また、前立腺肥大症の治療において、治療薬の副作用として射精障害など、EDの原因となる可能性が考えられています。

治療薬の種類を変更することで症状が改善される場合もあるので、普段受診している医師にEDの相談をすることが望ましいでしょう。

バリフを服用する場合にも、前立腺肥大症の治療に影響を与える場合があるので、服用している旨を医師に伝えるようにしましょう。

脳卒中とバリフ服用

脳卒中で倒れたことがある場合には、バリフの服用は出来るのでしょうか?

脳卒中で倒れたことがある方においては、バリフの服用は慎重に検討をしなくてはなりません。

バリフの禁忌として、「脳梗塞・脳出血・心筋梗塞の既往歴が6カ月以内にある方」という対象が指定されています。

6か月以上経過していればリスクは下がり服用は可能となりますが、これらはいずれも致命的な疾患であり、予後の管理が悪いと再発のおそれが高まります。

薬剤による管理も必須であり、複数の薬剤を併用していることが考えられるので、バリフを服用する際には医師の判断を仰ぐようにしましょう。

(バリフ以外のED治療薬においても、同様の注意が必要となります。)

バリフは心臓に悪いのか

バリフは心臓に悪いと誤解している方が多いため、心臓への影響について説明します。

バリフが禁忌として指定されているものとして、「心血管系障害を有するなど、性行為そのものが不適当と考えられる方」という文言があります。

バリフは血管拡張作用を有するため、一過性の軽度な血圧低下があらわれる場合があります。

このため、特発性肥大性大動脈弁下狭窄症等、大動脈弁狭窄症、左室流出路の閉塞を有する方など、もともと心臓に疾患を持っている方においては、バリフの血管拡張作用によって影響を受ける可能性が考えられます。

しかし、バリフが直接的に心臓に攻撃をするのではないので、心臓に悪い薬というわけではないのです。

性行為そのものが心臓への負荷を伴うため、勃起不全の治療を開始する前に、心血管系の状態に注意をはらうことが重要となるのです。

性行為や過度な運動などは、これらの方においては医師の判断を仰ぐようにしてください。

バリフで勃起が収まらないことはありません

バリフで勃起が収まらないということはあるのかについて説明します。

バリフなどのED治療薬を服用することで、勃起が収まらないのではないかと心配をする方も少なくはありません。

これらのED治療薬では、性的なリビドーがない場合や陰茎に対する適切な物理的刺激がない場合には、勃起は起こらないことがわかっています。

強制的に勃起をしたり、勃起が収まらないということはないので、安心して服用してください。

また、バリフの効果は服用後20~30分程度で発揮され、10mg錠で約5時間、20mg錠で約8〜10時間持続するといわれています。

夜に服用した場合では、翌日にはお薬の効果が切れていることはほとんどであるので、日常生活にはほとんど影響がないと考えられます。

早漏防止薬ダポキセチンとの併用

バリフと早漏改善薬として使用者の多いダポキセチンの併用について説明します。

バリフと早漏改善薬であるダポキセチンの併用は、問題ないと考えられています。

これら2剤を配合した配合剤もあるので、実際に使用している方も少なくはありません。

効果としても、性行為の持続時間増加に加えて、複数回の性行為が可能になるなど、ED治療においてメリットも大きいのです。

ただし、複数の薬剤を使用することにより、副作用のリスクが相乗的に増加してしまいます。

体調変化を感じた際には、早めに専門家に相談をするようにしてください。

(特に、頭痛、めまい、下痢、吐き気、不眠、倦怠感などが現れやすいといわれています。)

また、ダポキセチンが適していない疾患や併用薬もあるので、バリフ単剤で服用する場合以上に注意をするようにしてください。

バリフの副作用

バリフの副作用としては、ほてり、頭痛、消化不良、鼻閉、心悸亢進、異常感覚、異常感、眩暈、高血圧、頻脈、不眠症などが報告されています。

特に、頭痛や鼻閉、心悸亢進については高い頻度で発症するといわれているので、多くの方が実感することとなります。

副作用の程度が軽く、しばらくすると消失するものであれば、大きな問題となることは少ないと考えられます。

重篤な場合や、副作用が継続する場合には服用を中止して、医師にご相談ください。

また、バリフはバイアグラ(シルデナフィル)に次いで2番目に発売されたED治療薬であるので、副作用についても改善されています。

バイアグラにおいて副作用が強く出た方でも、バリフであれば副作用を抑えて服用が可能となる場合もあるのです。

(バリフにおいてもその他のED治療薬と似た構造を有しているため、その他のED治療薬で副作用が出た方は、副作用の発現が予測されます。

重篤な副作用の経験がある方は、医師に相談の上服用するようにしてください。)

バリフと鼻づまり

バリフの服用で、鼻づまりの副作用が起こることがあります。原因として、ペニス以外の血管も拡張され、鼻の血管も広がるからです。

よって、鼻粘膜の血管の拡張により、鼻づまりを引き起こすことがあります。バリフの作用機序は、ホスホジエステラーゼ(以下PDE)-Ⅴを選択的に阻害します。

しかし、あくまでも選択的ですので100%PDE-Ⅴを阻害するわけではなく、他のPDEも阻害します。

PDE-Ⅴの選択性(参考資料:レビトラ添付文書より)

バルデナフィルはホスホジエステラーゼ-Ⅴを選択的に阻害し、その作用は他のホスホジエステラーゼに対する作用より10〜1000倍強い。

IC50値:PDE-Ⅴ:0.89nM、PFE-Ⅰ:121nM、PDE-Ⅵ:11〜157nM、PDE-Ⅺ:308nM、 PDE-Ⅱ、PDE-Ⅲ、PDE-Ⅳ、PDE-Ⅶ、PDE-Ⅷ、PDE-ⅨおよびPDE-Ⅹに対するIC50値:≧1000nM”

※IC50値を上述を踏まえ簡単に説明しますと、数値の低いほうが阻害する作用が強いとされています。

以下にレビトラの臨床試験結果を掲載しております。 鼻閉の副作用を発症する頻度は、国内の臨床試験で2.96%、外国の臨床試験で4.42%、販売後の使用成績調査で2.96%の頻度で副作用を発症しました。

(レビトラ添付文書およびインタビューフォームより) 服用後、時間が経過することでバリフの作用も弱まり症状は治ります。症状が改善しない場合は、医師または薬剤師に相談してください。

バリフと頭痛

バリフの服用で、頭痛の副作用が起こることがあります。

原因として、ペニス以外の血管も拡張され、脳の血管も広がるからです。 よって、脳血管の拡張により、頭痛を引き起こすことがあります。

バリフの作用機序は、ホスホジエステラーゼ(以下PDE)-Ⅴを選択的に阻害してペニスへの血流量を増加させます。

しかし、あくまでも選択的ですので100%PDE-Ⅴを阻害するわけではなく、他のPDEも阻害します。

PDE-Ⅴの選択性(参考資料:レビトラ添付文書より)

バルデナフィルはホスホジエステラーゼ-Ⅴを選択的に阻害し、その作用は他のホスホジエステラーゼに対する作用より10〜1000倍強い。 IC50値:PDE-Ⅴ:0.89nM、PFE-Ⅰ:121nM、PDE-Ⅵ:11〜157nM、PDE-Ⅺ:308nM、 PDE-Ⅱ、PDE-Ⅲ、PDE-Ⅳ、PDE-Ⅶ、PDE-Ⅷ、PDE-ⅨおよびPDE-Ⅹに対するIC50値:≧1000nM

※IC50値を上述を踏まえ簡単に説明しますと、数値の低いほうが阻害する作用が強いとされています。

以下にレビトラの臨床試験結果を掲載しております。

頭痛の副作用を発症する頻度は、国内の臨床試験で5.59%、外国の臨床試験で12.30%、販売後の使用成績調査で5.59%でした。

(レビトラ添付文書およびインタビューフォームより) 服用後、時間が経過することでバリフの作用も弱まり症状は治ります。症状が改善しない場合は、医師または薬剤師に相談してください。

バリフの副作用で吐き気が

バリフの服用で、吐き気・嘔吐(おうと)の副作用が起こることがあります。

原因として、ペニス以外の血管も拡張され、脳の血管も広がるからです。

よって、脳血管の拡張により神経を圧迫して頭痛を引き起こすことがあります。

バリフの作用機序は、ホスホジエステラーゼ(以下PDE)-Ⅴを選択的に阻害してペニスへの血流量を増加させます。

しかし、あくまでも選択的ですので100%PDE-Ⅴを阻害するわけではなく、他のPDEも阻害します。

PDE-Ⅴの選択性(参考資料:レビトラ添付文書より)

バルデナフィルはホスホジエステラーゼ-Ⅴを選択的に阻害し、その作用は他のホスホジエステラーゼに対する作用より10〜1000倍強い。 IC50値:PDE-Ⅴ:0.89nM、PFE-Ⅰ:121nM、PDE-Ⅵ:11〜157nM、PDE-Ⅺ:308nM、 PDE-Ⅱ、PDE-Ⅲ、PDE-Ⅳ、PDE-Ⅶ、PDE-Ⅷ、PDE-ⅨおよびPDE-Ⅹに対するIC50値:≧1000nM

※IC50値を上述を踏まえ簡単に説明しますと、数値の低いほうが阻害する作用が強いとされています。

以下にレビトラの臨床試験結果を掲載しております。

吐き気・嘔吐の副作用を発症する頻度は、国内外の臨床試験および使用成績調査で0.1〜1%未満でした(レビトラ添付文書およびインタビューフォームより)。

服用後、時間が経過することでバリフの作用も弱まり症状は治ります。症状が改善しない場合は、医師または薬剤師に相談してください。

バリフの副作用で下痢が出る場合

バリフの服用で、下痢の副作用が起こることがあります。

原因は、ホスホジエステラーゼを阻害することによって腸の運動が亢進します。

これが活発に動くことで下痢になることがあります。バリフの作用機序は、ホスホジエステラーゼ(以下PDE)-Ⅴを選択的に阻害してペニスへの血流量を増加させます。

しかし、あくまでも選択的ですので100%PDE-Ⅴを阻害するわけではなく、他のPDEも阻害します。 PDE-Ⅴの選択性(参考資料:レビトラ添付文書より)

バルデナフィルはホスホジエステラーゼ-Ⅴを選択的に阻害し、その作用は他のホスホジエステラーゼに対する作用より10〜1000倍強い。 IC50値:PDE-Ⅴ:0.89nM、PFE-Ⅰ:121nM、PDE-Ⅵ:11〜157nM、PDE-Ⅺ:308nM、 PDE-Ⅱ、PDE-Ⅲ、PDE-Ⅳ、PDE-Ⅶ、PDE-Ⅷ、PDE-ⅨおよびPDE-Ⅹに対するIC50値:≧1000nM

※IC50値を上述を踏まえ簡単に説明しますと、数値の低いほうが阻害する作用が強いとされています。

以下にレビトラの臨床試験結果を掲載しております。 下痢の副作用を発症する頻度は、国内外の臨床試験および使用成績調査で0.1〜1%未満でした(レビトラ添付文書およびインタビューフォームより)。

服用後、時間が経過することでバリフの作用も弱まり症状は治ります。症状が改善しない場合は、医師または薬剤師に相談してください。

バリフの一時製造・販売中止について

バリフは、新薬のレビトラの効果はそのままに、数分の一の価格で購入することが出来るため、非常に人気のあるお薬です。

しかし、一時期インターネットにおいて「バリフが販売中止になる」という噂が駆け巡り、話題となりました。

その背景には、新薬のレビトラを製造・販売しているバイエル薬品が、バリフの製造元であるアジャンタファーマに対して起こした訴訟がきっかけとなっています。

バリフを製造しているインドでは、他の国と特許の仕組みに大きな違いがあり、薬の一部の特許は認められていません。

そのため、他の国にはないけれど、インドだけジェネリック医薬品が流通している、そして個人輸入によって全世界で購入することができるという状況が起こっているのです。

しかし、莫大な研究開発費を投じて創薬したお薬がジェネリック医薬品によって売れなくなってしまうと、新薬メーカーは立ち行かなくなってしまいます。

レビトラのジェネリック医薬品の販売停止を求め、長らく裁判が行われており、そのなかでバリフの販売中止がささやかれていたのです。

一時期は品薄の状態も続きましたが、現在は国外の販売は認可されているため、当社を含めた老舗の個人輸入代行業者では購入することが可能です。

レビトラの国産ジェネリックは?

現時点では、先発医薬品であるレビトラの特許のために、国内でのジェネリック医薬品は製造販売されていません。

バイアグラは特許期間が満了したため、一部の製薬会社からジェネリック医薬品が製造販売されています。

では、国内で実際に流通しているレビトラのジェネリック医薬品は、どのような位置づけになるのでしょうか?

これらの多くはインド産のジェネリックであり、個人輸入などによって国内にもたらされています。

一般的に医薬品に関する特許には、「製法特許」と「成分特許」の2種類が認められています。

インドでは「製法特許」だけが認めているので、成分が全く同じ医薬品であったとしても、製法を変えることで合法的に医薬品を製造販売できるのです。

効果についてはほとんど変わりはありませんが、価格が数分の一となるというメリットがあるのです。

いずれは国内におけるレビトラの特許期間が満了し、正式に国産のジェネリック医薬品が製造販売されることが期待されています。

バリフ製造メーカーのアジャンタファーマについて

インドのムンバイに本社を置くアジャンタファーマ社は、自社ブランドジェネリック医薬品を製造する会社です。

製品は、現在30ヶ国以上で販売されています。

アジャンタファーマ社は、幅広くかつ数多くの製品を製造しており、勃起不全(ED)治療薬領域では、レビトラジェネリックのバリフ以外にバイアグラジェネリックのカマグラゴールド、シアリスジェネリックのタダリスなど認知度が高く有名です。

他にも、日本で販売されている先発医薬品の同有効成分ジェネリック医薬品もインドで独自に製造しております。

会社概要は、インド国内向け製品は限られた領域に特化しており、心臓領域、皮膚科領域、眼科領域、疼痛領域を展開しています。

アジア・アフリカの新興国向けの製品は幅広く製造しており、感染症領域の抗生物質、糖尿病領域、心臓領域、婦人科領域、小児科領域。

呼吸器領域、整形外科、一般保険製品など展開しております。こちらは、輸出で売上高の約6割を占めています(2012年)。

現在は大手医薬品メーカーの集まるアメリカ市場にも参入しています。

アジャンタファーマ社は、インドとモーリシャスで7つの最先端の製造施設を運営しています。

また、インドの2施設がアメリカでFDAの承認を受けており信頼できるかと思います。