ED治療薬メガリスの効果・服用方法 | くすりエクスプレスの教えてヘルスケア

くすりエクスプレス・海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら安心のくすりエクスプレスにお任せください

公開日: 2018/06/11

1錠で2,3日持続可能なシアリスジェネリック!

ピルというと女性用の避妊ピルが連想されるが、「ウィークエンド・ピル(週末のピル)」というのは、本家のシアリスやそのジェネリックのメガリスなど「タダラフィル」を成分にしたED治療薬のことだ。1錠のむとその効果が約36時間持続するので、例えば土曜の夕方に飲めば週末は「いつでもOK」になるというのが名前の由来だ。

このタイプのED治療薬は欧米では特に人気がある(だからニックネームがついたわけだが)。その人気の理由は欧米人連戦派というわけではなく、計算が苦手で大ざっぱな欧米人には、食事の時間やセックスのタイミングを気にしなくてよいタダラフィルが「飲み方が簡単」なのだ。

薬の作用がおだやかでED治療薬特有の顔のほてりや頭痛の副作用が少ないのもタダラフィルの人気の理由だ。また最近はED治療薬としてだけでなく、動脈硬化の改善薬としての用途も注目されている薬でもある。

メガリスの効果・作用は?

ED治療薬は1998年にノーベル賞を受賞した大発見「一酸化窒素が血管拡張に及ぼす影響」を応用してできた薬だ。人類待望の「おまじない」ではない勃起の薬である。勃起のじゃまをするPDE-5という酵素の働きを抑えて、陰茎動脈を拡張してペニスを硬く勃起させるのだ。

このPDE5阻害薬の特徴はこの人には効くがアノ人には効かないというえり好みがほとんどないことだ。EDの原因を問わず、軽症から重症まで、ほとんどのケースで目覚ましい効果を発揮する。進行した糖尿病のケースを除けば、誰もが充分な効果を期待できる薬なのだ。

メガリスはこんな人に効く

男なら誰でも立たなかったことや途中で萎えてしまった経験はある。それがすぐにEDとは言えないのはもちろんだ。しかしED治療薬というのは、EDということが判明して、原因が分ってから飲む薬かというと、そうではない。むしろ「EDかも」というゆるい不安や疑いがあったときに飲んで、それでことが首尾よくいったら「たいしたことなかった」で済ませてよい「病気」なのだ。

作用がおだやかなタダラフィル系のメガリスはとくに、こういう「ゆるい」利用法に適している。さんざん悩んでから使うより、使ってみるのが賢いのだ。

メガリスの効果的な飲み方

メガリス20mgはピルカッターで半分に割って使用しても充分な効果があることケースも多い。まず半分から始めるのがよいだろう。食事にはあまり影響を受けないが、長時間効くのだから、空腹のときに飲んでおくのがベストだ。ふつうは1時間くらいで効きはじめるが、タダラフィルは人によって差が大きいので試してみて「自分の効き始め時間」を承知しておくようにしよう。

メガリスはここに注意

ED治療薬を使ううえで1つだけある絶対のタブーは狭心症の治療などに使われている「ニトログリセリン系の薬との併用」だ。このタブーさえ犯さなければED治療薬は極めて安全な薬だ。とくにメガリスなどタダラフィル系の薬は顔のほてりや頭痛の副作用も少ないのが特徴だ。