くすりエクスプレスの教えてQ&A

海外医薬品・ジェネリック薬の個人輸入代行なら
安心のくすりエクスプレスにお任せください
くすりエクスプレスの教えてQ&A

おしっこの痛みは性病?

昔の映画では、男性が排尿しているときに強烈な痛みを感じて「やられた!」というのが、「悪い所で遊んで淋病に感染した」ということを表すシーンでした。しかし女性は性感染症ではあまり排尿痛は出ず、女性の排尿痛で圧倒的に多いのが膀胱炎によるものです。 このようにオシッコの痛みにはいろいろな原因がありますが、原因によって尿の出始めに痛むのか、終わりに痛むのか、出ている間ずっと痛いのかという「痛みの出かた」に違いがあります。… 続きを読む

Read More

膀胱炎で残尿感が出ますか?

トイレに行った後なのにまだ尿意がある、または出しきれていないようで残っている感じがすると言った症状を感じた事はありませんか?このような症状を、一般的に「残尿感」と呼びます。本来、排尿後の身体は、体内の老廃物を尿として排出し、スッキリとした状態になるのが自然な排尿の流れです。しかし、体外に排出したにも関わらず、膀胱内に尿が残っている感覚(残尿感)があると言った症状は、腎臓や膀胱、あるいは身体に何らかの異常があるかもしれないと言う身体からのサインなのです。 残尿感が現れる原因は、大きく2種類に分けられます。1つは、体内において炎症が起き、その炎症に伴い残尿感が起きているケース、そして、炎症は起きていないのに残尿感が起きているケースですが、その殆どが炎症が原因により起きています。炎症が原因となり、残尿感が起こる病気は様々ありますが、1番可能性が高い病気として「膀胱炎」が挙げられます。… 続きを読む

Read More

膀胱炎は自然治癒するの?

膀胱炎になったら利尿作用のある物と水をとにかく飲んで尿をたくさん出せば治るという情報が出回っているようです。膀胱炎なのでは?と思うような排尿時に感じる痛みや頻尿があったものの、7日くらいで気づいたらよくなっていたという人もいます。では、本当に膀胱炎は自然治癒するのでしょうか? 膀胱炎の症状が出たものの、病院に行かなくても治ったという人は急性単純膀胱炎にかかっている場合が大半を占めます。急性単純膀胱炎とは90%以上、大腸菌が原因で起こる炎症で、特に膀胱や腎臓に疾患があるとはみとめられません。感染症としては比較的軽度と言えるでしょう。主な症状は排尿時の痛みや頻尿、尿が白く濁るといったものです。大腸菌は抗生物質で抑えることができるので、病院に行って治療を受ければすぐに良くなります。… 続きを読む

Read More

膀胱炎と頻尿の関係は?

膀胱炎の症状の一つに頻尿があります。「頻尿」は明確な定義づけが難しいといわれています。というのも、排尿回数は個人差があるからです。1日何回以上が頻尿、それ以下は正常というくくりだけでとらえてしまうと誤解が生じるかもしれません。特に冷え性の女性は常日頃から排尿回数が多かったりするでしょう。 一般的に言えば、アルコールやコーヒーなど利尿作用のある飲み物を大量に飲んだなどイレギュラーな出来事がない状態で、1日10回以上トイレに行くのは頻尿になります。特に、起きている時間だけでなく夜寝ている時間にも2回以上尿意を感じトイレに行くのは頻尿の範囲に入ります。… 続きを読む

Read More

膀胱炎が繰り返す理由は?

女性の約5人に1人が、1度は経験していると言われる膀胱炎。その中で、約20~30%もの女性が短期間で、膀胱炎を再発しています。皆さんの中にも、繰り返し膀胱炎にかかっていると言う方は居らっしゃるのではないでしょうか。確かに、膀胱炎は女性に多い病気ですが、なぜ、これほど繰り返してしまうのでしょう。 一般的にかかる膀胱炎は、原因菌が膀胱内に侵入し、炎症を起こす「急性膀胱炎」と呼ばれるもので、排尿痛や残尿感、尿の濁りや頻尿と言った症状があります。大半は、泌尿器科などの専門医の診察で分かり、症状に適した処方箋が渡されます。診察と投薬治療により、治り、再び膀胱炎にかかったとしても、1年以内に、約2~3回程度の発症で発熱などの症状がなく、専門医で処方された抗生物質で治っているのであれば、特に問題はありません。… 続きを読む

Read More

膀胱炎に効く漢方は?

膀胱炎の治療において、炎症の原因となっている菌を殺す抗生物質とともに、漢方薬が処方されることがあります。漢方薬は病院に行かずともドラックストアなどでも気軽に購入できることから、軽度の膀胱炎や膀胱炎の初期、さらには神経性の間質性膀胱炎の強い味方です。 2つの代表的な漢方薬を挙げて解説をしていきます。… 続きを読む

Read More

膀胱炎の治療薬メイアクトって?

膀胱炎治療に使用されるセフェム系抗生物質の一つがメイアクトです。メイアクトが販売されはじめてから20年強、今ではすっかりお馴染みとなった抗生物質と言えるでしょう。メイアクトの一般名はセフジトレンピボキシルといいます。少し専門的な話になりますが、「第3世代セフェム系」に属しており、比較的強力な抗菌薬です。一般常識ではありませんが、「セフェム系」に括られる抗菌薬には第1、第2、第3、第4世代という区分があります。 これはそれぞれに得意分野とする菌があり、基本的に数字が大きくなると効果を発揮しる菌の数が増えます。メイアクトは第3世代ですから、対応する菌が多いといえます。特にメイアクトはグラム陽性菌にも、グラム陰性菌にも効果があるので、病院の様々な科で処方されます。グラム陽性菌とグラム陰性菌、これはグラム染色で染まる菌か染まらない菌かで分けられます。メイアクトはどちらのタイプの菌に対しても効果があるという非常に重宝される抗菌薬です。グラム陽性菌には、肺炎球菌や黄色ブドウ球菌、レンサ球菌などがあります。… 続きを読む

Read More

膀胱炎の治療薬シプロキサンって?

女性の5人に1人は経験した事があると言われる「膀胱炎」。膀胱炎で辛い経験したをした事がある方も、少なくないのではないでしょうか。女性だけでなく男性も膀胱炎にはなるのですが、男性に比べ、女性がかかる確率が高い病気としても有名です。最近では、病院の処方箋以外にも、病院に行く時間がない方や病院で診て貰うほどでは…と思われる方は、ドラッグストアなどで膀胱炎や排尿痛を抑える薬が多種類販売されているため、市販薬を服用されていると言う方も多いと思います。市販薬で完治するケースは多いのですが、反面、治ったと思いきや、また膀胱炎になってしまったと言うケースもあります。なぜ女性に多く発症する原因や再発してしまう理由を、しっかり認識しておくと、これからの膀胱炎予防や対処策に繋がります。性別を問わず、発症する「膀胱炎」ですが、なぜ女性がかかる比率が大きいのでしょう。 それは、男性と女性の身体の構造に原因があったんです。排尿時に働く「尿道口」と「尿道」ですが、女性の場合、男性より尿道が短く、尿道口が肛門の近くに位置しています。この構造が、女性が膀胱炎になりやすい原因なのです。そもそも、膀胱炎とは、大腸菌によって起こる細菌感染病と言われています。尿道口が肛門に近いと、排便の際、大腸菌が尿道口から入りやすくなります。尿道口から入った細菌は、尿道を通り膀胱へと運ばれ、膀胱が細菌感染を起こし膀胱炎になってしまうのです。… 続きを読む

Read More

膀胱炎薬クラビットとは?

女性が一生のうちに一度はかかる、尿路の風邪ともいわれる膀胱炎ですが、その治療法はどのようなものなのでしょうか?今回は、治療のメインとなる抗生物質、そのなかでも特に「クラビット」に焦点をあてて、その効果や副反応、作用機序についてご紹介いたします。大腸菌をはじめとする細菌が原因となる急性膀胱炎の治療においては、まずは原因となっている菌を殺す、抗生物質による薬物療法を行います。 膀胱炎の治療薬としてよく処方される薬剤の一つがクラビットです。クラビットは膀胱炎に限らず、細菌感染性の症状がみられる場合に一般的に処方される抗生物質です。クラビットの主成分名はレボフロキサシンという物質です。「クラビット」の他にも「レボフロキサシン「トーワ」」というジェネリックがあります。レボフロキサシンは今回とりあげている膀胱炎をはじめとする尿路感染症の他にも、眼科、皮膚科、呼吸器科、婦人科など幅広い分野の感染症に効果を発揮することが知られています。これには、レボフロキサシンの作用機序、つまり効果を発揮するためのシステムが関係しています。レボフロキサシンはニューキノロン系と呼ばれる抗生物質です。… 続きを読む

Read More

膀胱炎薬のフロモックスって?

膀胱炎治療によく使用される薬に、フロモックスがあります。フロモックスの成分はセフカペンピボキシルで、セフェム系抗生物質の一種です。膀胱炎は尿道から入り込んだ細菌や、もともと膀胱内にいた細菌が増えて炎症を起こすことが原因です。そのため、治療には基本的に抗菌薬、抗生物質が使用されます。フロモックスももちろん抗生物質です。フロモックスは、膀胱炎の原因となっている細菌の細胞壁を壊していくことで細胞の働きを抑えていく薬です。 細菌の細胞壁を壊しつつ、私たちの体の細胞の細胞壁を壊すことはないので、抗菌薬としてかなり優秀な薬と言えます。膀胱炎の治療に使用されるほか、風邪や、肺炎や気管支炎、腎盂腎炎、膿皮症、咽頭炎、また扁桃炎や中耳炎などの治療にもよく使われます。ほかにも、胆のう炎やリンパ節炎、乳腺炎などの炎症の治療にも使われています。多くの女性にとってフロモックスは馴染みある薬かもしれません。子宮内の感染など婦人科系の炎症によって起こる病気にも良く用いられているからです。フロモックスは子供も服用できる薬です。当然大人とは服用量が異なってきますが、比較的アレルギーショックや副作用が少ない薬なので、幅広い年齢層で使用されています。… 続きを読む

Read More